ブリヂストン 中国タイヤメーカーとの意匠権訴訟で勝訴

ゴムタイムス – 2016/12/9 – http://www.gomutimes.co.jp/?p=100937
ブリヂストンは同社が保有するタイヤのトレッドパターンに係る意匠権を、中国の大手タイヤメーカーの三角社が侵害したとして侵害訴訟を提起していました。
記事では、中国の最高人民法院(最高裁判所)において、ブリジストンの勝訴が確定したことを伝えています。

トレッドパターンは、タイヤ性能に大きく影響します。そして、例えば滑りにくいトレッドパターンを発明(考案)した場合には、これを特許権(または実用新案権)で保護することができます。
一方、トレッドパターンはタイヤの見える部分(外観)に施されているため、ブリヂストンの例のように、意匠権によってデザインの観点から保護することもできます。
このように、タイヤのトレッドパターンのように外観に特徴をもつ商品を知的財産として保護する場合、技術・アイデアとしての特許権(実用新案権)か、デザインとしての意匠権かの選択肢があります。

何を保護したいのか(技術・アイデアなのかデザインなのか)、予算はどの程度とれるのか(一般的に意匠権の方が安価に取得可能)など、様々なことを考慮して決めなければなりません。
また、需要者が一目でどこの商品かを判別できるレベルの十分な識別性を獲得できている場合には、立体商標としても保護できる可能性があります。