特許庁 – 2017/1/11 – http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h29_sekou.htm

特許庁より、平成29年度の弁理士試験について公告されました。
日程等、詳しくは特許庁Webサイト等をご確認ください。

本年度の弁理士試験の受験を検討されている方は、勉強も大変な時期ですが、受験願書の準備・提出だけは絶対に忘れないようにしてください。

受験願書の入手方法には、(a)特許庁や各地域経済産業局の特許室等での交付、(b)郵送での請求、(c)インターネットでの請求の3つがあります。このうち、私がお奨めするのは(c)インターネットでの請求です。
交付や郵送で入手した受験願書には、氏名や受験地の選択等の必要事項をすべて手書きで記入することになるので面倒です。これに対し、インターネットからの請求では、請求用のウェブサイトで入力した事項が印刷された状態の受験願書を入手することができるからです。これであれば、記入ミスのリスクを最小限にできます。

なお、短答式筆記試験や論文式筆記試験の免除を受けられる方は、免除申請も忘れないようにご注意ください。
免除申請に必要になる書類(資格の合格証明書等)は、請求により入手しておかなければならないこともありますので、あらかじめ特許庁のウェブサイトで確認して、早めに準備されておいた方がよいでしょう。

そして、受験料は特許印紙での納付(受験願書に印紙を貼付)です。
大きな郵便局などへ行かないと入手できないこともあるので、受験願書と合わせて、そちらも早めに手に入れておいた方がいいでしょう。