神戸新聞 – 2017/2/7 – https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201702/0009893894.shtml

記事では、本年度のデザインパテントコンテスト(特許庁主催)で優秀賞に選ばれた兵庫県立姫路工業高等学校の生徒を取材した模様が紹介されています。
受賞作品を拝見したいところですが、現在、意匠登録の手続中のため、公開されていません。

意匠とは物品(商品)の形態、すなわち、外観のデザインのことです。
意匠権についても、取得には特許権と同様に新規性が必要です。
意匠は外観ものである以上、商品の写真や図面が公開されてしまった場合、ただちに公知(新規性を失った状態)となってしまいます。
そして、公知になってしまえば、そのデザインについては、原則、意匠登録を受けることができません。

また、意匠は特許等に比べれば模倣が容易ですので、真似された商品を先に販売されるリスクも高くなるでしょう。

よって、意匠登録を視野にいれたデザインについては、商品のプレスリリースや販売開始の検討と合わせて、早めに意匠登録出願を済ませておくことが大切です。