フランク三浦

「フランク三浦 商標公報から引用」

YOMIURI ONLINE – 2017/3/6 – http://www.yomiuri.co.jp/national/20170306-OYT1T50071.html
記事では、「フランク・ミュラー」側が、「フランク三浦」の商標登録の無効を求めていた件が決着したことについて紹介されています。
本件は、まず、商標「フランク三浦」が商標登録され、この「フランク三浦」の商標登録の無効を求めてフランク・ミュラー側が特許庁に無効審判を請求したことが発端です。この無効審判では、商標登録を無効とする審決がなされています。
次に、フランク三浦側は、無効審決の取り消しを求めて知財高裁に審決取消訴訟を提起しました。この審決取消訴訟では、商標登録を無効とする審決を取り消す(つまり「フランク三浦」の商標登録は有効)との判決が下されています。
これに対し、フランク・ミュラー側が最高裁に上告していたものについて、今回、最高裁が上告を棄却したため、知財高裁での判決が確定しました。

なお、一部では、「フランク・ミュラー」側が提起した商標権侵害訴訟で「フランク三浦」側が勝訴したかのように報道されていますが、今回は、「フランク三浦」の商標登録が有効か無効かの争いであり、商標権を侵害しているかどうかを争ったものではありません。

また、今回はあくまで「フランク三浦」のロゴに係る商標登録が問題ないと判断されたにすぎず、「フランク・ミュラー」のパロディーとしての腕時計「フランク三浦」が問題ないと判断されたわけではありません。この点については、今後、不正競争防止法等で争いがあるかもしれません。