ゲームでおなじみの株式会社カプコンが、商標「カプコン塾」を出願しているようです(商願2017-32158)。

指定役務が、「保育園における教授,幼稚園における教授,保育園における知識の教授…」などとされており、これだけですとゲームの英才教育でもするつもりかと思えます。プロゲーマーも流行っていますし。
しかしながら、同社はCSR活動「女性の就業環境改善」の具体的な施策として保育施設の設置を掲げていますので、同社で働く親御さん向けの保育事業に使うつもりかもしれません。

ここで「指定役務」について簡単に説明しておきます。
商標登録出願は、登録したいと考えている商標(文字列やマーク)だけでは行うことができず、その商標がどのような商品や役務に使用されるものであるのかを指定しなければなりません。これが指定商品・指定役務です。
ちなみに「役務」とはサービスのことです。

竹村 恵一

弁理士。
主に知財ニュースを担当。
家庭ではたこ焼き担当。
趣味はフットサル。最近は、低下した体力に見合った新たな趣味を模索中。