中部経済新聞に月1回掲載される日本弁理士会東海支部の知財コラム”知財あれこれ

平成29年5月のトピックス

  • PCT出願について
  • 商標先取りから身を守ろう
  • 外国出願費用は高い?

PCT出願について

PCT

特許行政年次報告書2016年版より

国内市場の成長期待感が乏しく海外市場の重要性が高まる中、外国における知的財産権の確保はこれからの事業活動の生命線ともいえる。
実際、最近の統計によれば、通常の特許出願件数が減少気味なのに対してPCT出願の件数は漸増傾向にある。

商標先取りから身を守ろう

自分の商標が、他人に先取りされるような事態は、「PPAP」に限ったことではなく、明日は我が身、と心得ておくことが肝要でしょう。

外国出願費用は高い?

特許庁では中小企業の戦略的な外国出願を促すため、外国への事業の展開を計画している中小企業に対して、外国出願にかかる費用の半額を助成しています。

コスモス特許事務所では、国内出願、補助金申請書の作成、外国出願をトータルサポート。
全国の実施機関への外国出願補助金申請に対応します!
「平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金」サポートに関する、お問い合わせはこちらからお願いします。

-著者について-

PCT出願について
弁理士 岡戸 昭佳/コスモス特許事務所
外国出願費用は高い?
弁理士 ぺルソン 絵美/コスモス特許事務所・発明plus