経済産業省から、「悪意の商標出願事例集」の公開が発表されました。
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170522001/20170522001.html

悪意の商標出願事例集には、日米欧中韓の商標五庁(TM5)に出願されたものから各庁10件ずつ(合計50件)の悪意の商標出願の事例が収録されています。
悪意の商標出願とは、例えば、フリーライド(有名商標へのただ乗り)目的でなされた商標出願や、他国で有名な商標について先取り的になされた商標出願のことをいいます。

日本の特許庁における事例の一つとしては、いわゆる「KUMA事件」が取り上げられています。
KUMA事件は、スポーツ用品などを製造・販売する「PUMA」が、パロディ商標「KUMA」の商標登録は無効であるとして争った事件です。
結果的は、PUMA側の主張が認められて「KUMA」の商標登録が無効になりました。

商標戦略の参考として「悪意の商標出願事例集」に一度、目を通してみてはいかがでしょうか。

竹村 恵一

弁理士。
主に知財ニュースを担当。
家庭ではたこ焼き担当。
趣味はフットサル。最近は、低下した体力に見合った新たな趣味を模索中。