先月、複数の音楽教室の運営会社によって設立された音楽教育を守る会が、JASRACによる音楽教室からの著作権使用料の徴収に反対していることについてお伝えしましたが、ついに訴訟に踏み切ったようです。

音楽教育を守る会 – JASRACによる音楽教室における著作物の使用料徴収に対し、東京地裁に「音楽教室における著作物使用にかかわる請求権不存在確認訴訟」を提起しました

けんか

音楽教室が著作権使用料の徴収対象となった場合にはレッスン料などにも影響があるとすると、関心のある方も多いのではないでしょうか。
注目を集める裁判となりそうです。

竹村 恵一

弁理士。
主に知財ニュースを担当。
家庭ではたこ焼き担当。
趣味はフットサル。最近は、低下した体力に見合った新たな趣味を模索中。