ニジマスをいただきます!
新たに開発したニジマスの名前として「頂鱒」(イタダキマス)を商標登録したという話題を見つけました。

味よし姿よし、その名は「頂鱒(いただきます)」日光の水産業者が開発、商標登録 – 東京新聞 – 2017.7.16
商標登録第5886724号「頂鱒」 – J-PlatPat

みんな知っている言葉を上手くもじって命名されていますね。
オリジナリティもインパクトもあり、更に覚えやすい、とても良い名前と思えます。

ネーミングでインパクトを与えるにはやはり造語がよいですが、商品からかけ離れるとそのモノを想起しにくくなってしまいます。
かといって、商品自体の名称に寄せると、識別力の問題や他でとられているなどの理由で商標登録が危うくなることもあります。
この「頂鱒」はそのあたりのバランスを考えても、ちょうどよいところにあるのではないでしょうか。

機会があればその頂鱒とやらをイタダキマスしに行ってみたいなと。

ビックリ

後藤 英斗

弁理士、情報処理安全確保支援士(登録セキュリティスペシャリスト)
発明plusでは外部ライターとして主にIT系の記事を担当しています。日曜プログラマーとして、AI・機械学習・自然言語処理などで遊ぶ。