沖縄タイムスの記事によると、政府が知的財産活用のアクションが思わしくない都道府県に対して積極的な行動を求める動きがあるようです。

地域の知的財産戦略、12県のみ 政府、政策てこ入れ要請へ – 沖縄タイムス 2017.8.16

例えば地域ブランドを保護する地域団体商標制度や、大企業から特許技術の許諾を受けて新商品を開発する開放特許のビジネスモデルなど、地方活性化に寄与するようなものが知的財産分野にもたくさんあります。
大都市への産業の集中や、一次産業の再活性などに、知的財産も一役買えることでしょう。

地方都市の景観

発明plus(コスモス特許事務所)でも、次のような、各行政機関などが行う取り組みに積極的に協力しています。

発明plusプロジェクトは、知的財産の活用に関する活動を今後も応援します。

後藤 英斗

弁理士、情報処理安全確保支援士(登録セキュリティスペシャリスト)
発明plusでは外部ライターとして主にIT系の記事を担当しています。日曜プログラマーとして、AI・機械学習・自然言語処理などで遊ぶ。