発明plus プロジェクトリーダーの富澤正が中部経済新聞で連載する「モノづくりの窓口 みんなの特許」。その第75回「地域団体商標で地方ブランドを確立する」を紹介します。

chukei0828
中部経済新聞 平成29年8月28日 第7面

新しい形の地域ブランド

地方創生にも、知的財産権を活用することができます。地域で取り組んでいるモノ・サービスには、特許よりも商標制度が活用される場合の方が多いようです。
地域名が入った商標がブランドを形成し、地域振興・地方創生につながっていくのです。

地域団体商標制度

地域名商品・役務(サービス)名の文字のみから構成される商標は、産地やそのものを表すに過ぎない名称であるとして、通常の商標としての出願では審査でアウトになってしまいます。
そのような名称(商標)でも、一定の条件の下で商標権の登録ができるのが「地域団体商標」制度です。例えば地名の「草加」(群馬県)と商品の名称「せんべい」を合わせた「草加せんべい」などが地域団体商標として登録されています。

地域団体商標を登録できる主体

地域団体商標は一定の条件を満たす団体に対してのみ登録が認められています。

以前は、地域団体商標を登録できる団体は、当初は事業協同組合、農業協同組合、漁業協同組合等の組合に限られていましたが、平成26年からは、地域ブランドの普及の担い手となっている商工会、商工会議所及び特定非営利活動法人(NPO法人)まで、認められるようになりました。
最近では、一宮商工会議所(愛知県一宮市)の「一宮モーニング」が地域団体商標として登録され、話題になりました。

地域ブランドを守る

地域の団体が商標登録をするメリットは、無関係の者がその商標を使用することを排除できることにあります。

地域外の事業者が同じような名称で粗悪品をつくったり、既存の地域ブランドを無関係の商品に騙ったりといったことがしばしば行われていました。消費者は商品名・ブランドを見ていますので、意図しないものを購入したりすると、本来の地域ブランドの価値も下がってしまいます。

そんなとき、地域ブランドが地域団体商標として登録されていれば、無関係の者がそのブランドを騙って商品を販売したり、サービスを提供したりすることを排除することができます。

地域団体商標制度ができて約10年が経ちました。今後も、地域創生や事業者の拡大などでさらに需要が全国に広がっていくことでしょう。

中部地方の地域団体商標

中部地方では、平成29年8月1日現在、次の地域団体商標が登録されています。

愛知県

  • 三州瓦
  • 常滑焼
  • 有松鳴海絞
  • 三河木綿
  • 豊橋筆
  • 一色産うなぎ
  • 名古屋仏壇
  • 蒲郡みかん
  • 三河仏壇
  • 西尾の抹茶
  • 祖父江ぎんなん
  • 尾張七宝
  • 豊橋うなぎ
  • 瀬戸焼
  • 一宮モーニング

岐阜県

  • 飛騨一位一刀彫
  • 岐阜提灯
  • 飛騨牛乳
  • 山岡細寒天
  • 下呂温泉
  • 飛騨ヨーグルト
  • 美濃焼
  • 飛騨高原牛乳
  • 飛騨春慶
  • 飛騨アイスクリーム
  • 飛騨牛
  • 郡上鮎
  • 飛騨のさるぼぼ
  • 美濃焼
  • みずなみ焼
  • 飛騨の家具
  • 飛騨・高山の家具
  • 美濃白川茶
  • 関の刃物
  • 飛騨の酒
  • 長良川温泉
  • 美濃和紙
  • 飛騨ほうれんそう
  • 飛騨トマト
  • 東濃桧
  • 奥美濃カレー
  • ひるがの高原だいこん
  • 和良鮎

静岡県

  • 駿河湾桜えび
  • 由比桜えび
  • 焼津鰹節
  • 丹那牛乳
  • 川根茶
  • 静岡茶
  • 駿河漆器
  • 沼津ひもの
  • 掛川茶
  • 伊東温泉
  • 伊豆長岡温泉
  • 熱海温泉
  • 三ヶ日みかん
  • 遠州灘天然とらふぐ
  • 三島馬鈴薯
  • 掛川牛
  • 東山茶
  • 稲取キンメ
  • 三方原馬鈴薯
  • みしまコロッケ
  • 遠州織物

三重県

  • 松阪肉
  • 松阪牛
  • 大内山牛乳
  • 伊勢茶
  • 伊勢たくあん
  • 伊勢ひじき
  • 伊賀くみひも
  • 伊勢うどん
  • みえ豚
  • 伊勢赤どり
  • 四日市萬古焼
  • 伊勢型紙
  • 伊賀焼
  • 美旗メロン
  • くわな鋳物

参考: 特許庁 地域団体商標MAP