こんにちは。特許活用アドバイザーの中村です。
(特許活用アドバイザー: 愛知県の平成29年度事業として中村が受託する知財活用のアドバイザー)

今回、リボンのプロを目指す全国初のリボン協会 一般社団法人M-StyleLuxe(エムスタイルリュクス)代表理事の山口路子氏に、お話を伺いました。

一般社団法人 M-StyleLuxe は、リボンのプロを養成しており、全国に700以上の教室があります。
アクセサリーとしてだけでなく、インテリアなど、いろいろな所に「リボン」を取り入れて、毎日の生活の中の”幸せになれる瞬間“を実践されています。

DSC_7780
一般社団法人 M-StyleLuxe 代表理事 山口路子氏

開発したい商品

リボンを扱う装飾品メーカーとともに、協会オリジナル商品を開発したいとお考えのようです。
例えば、ウエットティッシュなどの日用品の場合、市販品に協会オリジナルのリボンを付けただけではそれほどの付加価値が生まれません。メーカーと協力して、オリジナルの商品の実現を目指していきたいとのことでした。

IMG_5557

私から、オリジナル商品の開発にあたり、開放特許の活用を提案をしました。

今回のインタビュー先

組織名
一般社団法人 M-StyleLuxe
代表
代表理事 山口路子 氏
所在地
愛知県名古屋市緑区大高町鶴田186
Web
http://m-style-ribbon.com/

保有する知的財産権

商標登録第5907931号 M-STYLELUXE
ribob

中村光晴

業務では、主に特許・実案の出願書類の作成を担当。
オフタイムはテニスでストレス発散。
最近、オーロラなど地球上に発現する神秘的な自然現象に魅せられています。

平成29年 愛知県 知財活用アドバイザー