キャラクターを使った地域の広報活動

「くまモン」は、熊本県の有名なご当地キャラクターです。熊本県はくまモンの使用によって300億円以上の経済利益を得たと言われています。
また、熊本地震が生じた際にもくまモンが全国で活動することで熊本地震について知ってもらう機会を増やすことができました。熊本地震の記憶の風化を防ぐことにもつながったといいます。ご当地キャラクターの力は、そのキャラクターがタレントのように活動することで広報活動を行ってくれることにあります。全国で様々なご当地キャラクターが生まれています。

「くまモン」成功の理由の1つとして、キャラクターの使用料を原則無料としたことがあります。一般的なキャラクタービジネスでは、キャラクターを使用した場合に売上の3%から5%を徴収することが多いです。それに対してくまモンは利用料を取らずに広く使ってもらえるようにしたことで、くまモンの採用のハードルが下がったのです。広く使ってもらうことでくまモンの知名度が上がり、結果、熊本県の広報にもつながりました。

知的財産の管理

しかしながら、使用料を徴収しないからといって、くまモンは完全に自由な利用を認めているわけではありません。ともすれば、粗悪品などのくまモンや熊本県の品位を落とすようなものに使われかねません。そのようなことを防ぐため、熊本県はくまモンの使用を許認可制にしています。

くまモンについての商標権や著作権を有する熊本県は、その権利に基づいて使用料の有無や許認可制を実現できます。知的財産の権利を活用してブランドとしての価値を保っています。

人気になる前から権利を意識する

ご当地キャラクターを作り出したときには、それほどの人気が出るとは思わないこともあるかもしれません。
しかしながら、キャラクターを使うにつれ、問題も起こります。滋賀県彦根市のキャラクターの「ひこにゃん」は、元々の創作者が「彦根のよいにゃんこ」というひこにゃんに似たキャラクターの商品を作った例もあります。この事案では最終的に、法律関係をしっかり把握していた彦根市が有利に進めて和解に至っていますが、場合によっては問題が長引いた可能性もあります。

人気になってから考えるのではなく、あらかじめ権利関係や法律関係についても備えをしておくことが重要です。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)