2017年10月6日 愛知県豊川市で行われた「第13回 かわしんビジネス交流会」(主催:豊川信用金庫, 共催:愛知県, 後援:あいち産業振興機構・豊川市)で発明plusプロジェクトチームの富澤正が開放特許の魅力について講演を行いました。
– 報告: コスモス特許事務所(発明plus) 坂野

講演ではフリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」の別冊「知財活用ハンドブック」をテキストに、開放特許の活用について紹介しました。

TBSで放送中のドラマ「陸王」では、足袋を製造している「こはぜ屋」がランニングシューズを作っています。
その中では、ランニングシューズに必要なソールの技術を他社の特許から取引金融機関の担当者が紹介するというエピソードがありました。

金融機関の方は、担当している企業の困り事をよく知っています。だからこそ必要な技術やモノを提案できるのではないかと思います。ものづくりの中では、金融機関の方の力も大事なものだと考えています。

ただ、金融機関の方も困り事は分かっても何を提案すればいいかわからないこともあると思います。そんなとき、発明plusプロジェクトでは、技術として国が認めたという根拠をもつ特許を紹介することを提案しています。
特許というと各社が自身の技術を守るためのものというイメージがありますが、中には他社にその技術を使わせたいというものもあります。そのような技術を導入することで、商品開発のスピードを飛躍的に高められるのです。

ご相談いただければ、金融機関向け及び金融機関のお客様向けに開放特許をはじめとする知的財産のセミナーもお受けしております。詳細については問い合わせフォームよりお問い合わせください。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)