2017年10月25日、発明plusプロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が、豊田市ものづくり創造拠点SENTAN(愛知県)にて、知財ビジネスマッチングセミナーを開催しました。

全3回の最終回である今回は、参加者の皆様との距離がグッと近くなるように、セミナールームから2階の交流スペースへ会場を移しました。
発明plusが発行する「知財活用ハンドブック」をテキストとして、開放特許についてわかりやすく解説しました。

また発明plusの運営メンバーである坂野が、自身の経験を交えながら、新製品開発のための資金調達方法の1つとしてクラウドファンディングの活用方法を説明しました。

セミナー後は個別相談の時間を設けており、さっそくご相談をいただいた受講者の方もいらっしゃいました。

セミナー概要

講演テーマ
開放特許の活用はビジネスを発展させるチャンスです!
講師
発明plusプロジェクトリーダー 弁理士 富澤正(特許業務法人コスモス特許事務所)

講演内容

  • 豊田市における知財マッチング支援事業について
  • 開放特許とはどんなものなのか、誰が提供しているか、どこに載っているか
  • 開放特許データベースからピックアップした数社の主な開放特許の例
  • 開放特許を活用した商品づくり
  • 開放特許の活用事例
  • 開放特許を活用する道のり

知財ビジネスマッチングセミナーは、愛知県豊田市の「平成29年度 開放特許活用例による製品開発支援事業」の一環として実施する取組です。

ものづくり創造拠点SENTAN

ものづくり創造拠点SENTANは、愛知県豊田市がものづくりを支援するために開設した創造支援施設です。加工設備やセミナールームなどが揃っています。
この施設の活用の一例として、日本発の空飛ぶクルマの開発活動 “CARTIVATOR(カーティベーター)” を運営する一般社団法人 CARTIVATOR Resource Management は、愛知県での開発拠点を豊田市ものづくり創造拠点SENTANに置き、試作機の製作・保管・メンテナンスなどの機体開発をはじめ、定例会や報告会などを開催していくとのことです。
(参考: CARTIVATOR プレスリリースより)

1F ものづくりスペース(金属加工・木工)

アイデアを形にできる試作開発ができる加工機械が揃っています。

2F 交流スペース

ものづくり企業や起業を志す方の交流を図るスペースです。
このスペースで各種イベントも企画されます。

3F セミナールーム

とよたイノベーションセンターが企画するイノベーションセミナーや製造技術者育成プログラムを受講することができます。

サイエンスルーム

中高生を対象にした科学・ものづくり講座やものづくりミライ塾等で科学実験を行うスペースです。

INFO

施設
豊田市ものづくり創造拠点SENTAN
所在地
愛知県豊田市挙母町2-1-1
Web
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisetsu/sodan/1020717/index.html
坂野明日香

知財キュレーター。主に補助金・クラウドファンディングの話題を担当。
アフター5はNPO法人の理事長。ロケットストーブ&スターリングエンジンの普及促進活動をしています。