弁理士の富澤です。よく名前を「宮沢」と間違われます。
どちらかといえば宮沢の方が有名な方に多いからかもしれません。

現在TBS系列で放送されているドラマ「陸王」の主人公の社長の名前も宮沢です。
同ドラマは商品開発を1つのテーマとしており、その中で特許という知的財産キーワードも登場します。この発明plusでも、弁理士の視点を交えて「陸王」の感想をお伝えていこうと思います。

不足する技術

これまでに扱ったことのない商品を開発しようとするとき、多くの場合は自社にない技術を開発することになります。ドラマでは靴を開発するわけですが「ソール」の部分について技術が不足しているとのこと。

このような場合、新たに技術開発を行うことも考えられますが、他社から技術を「借りる」という方法で開発コストを抑制することも考えられます。他社の技術はどこにあるのか?それが「特許」です。特許はすべて内容が公開されていますので、他社の技術を探し出すことができます。

そしてその特許権をもつ会社などからライセンス許諾などを受ければ、その技術を利用することができるのです。ドラマでも他社の特許技術である画期的な材料を利用しようとしていましたね。

権利者の所在が不明

ドラマでは特許技術の当てをつけたものの、元々の特許権者が廃業しており、特許公報の記載だけではライセンス交渉をすべき特許権者がわからないというシーンがありました。
一般的にはこのような場合も移転などの適式な手続きがとられていれば、特許庁に特許原簿の閲覧を請求して現在の権利者を知ることができます。

銀行マンからの技術の紹介

利用しようとした特許技術は銀行マンが紹介したものでした。銀行マンは技術屋ではないというイメージからか、特許の紹介元になるという印象を持たないかもしれません。
しかしながら、ドラマの銀行マンのように最近では金融機関を通じて特許技術のマッチングに至る事例も実際にはあります。

金融機関を通じた知財マッチングに関する記事 (当サイト記事)

死蔵特許

ドラマには「死蔵特許」という言葉も登場しました。
この死蔵特許、「休眠特許」とも言われますが、特許として登録されているにも関わらず実施(活用)されずに眠っているもののことをいいます。他社に発明を実施させないという意味では権利として機能はしていますが、その技術が世の中に活かされてはいないのです。
このような特許技術をライセンス許諾することは、他社の商品活用で有効活用されるということだけではなく、特許権者もライセンス料という形で収入を得られる可能性もあります。私たち発明plusでも、このような特許技術を「開放特許」と呼んで広くライセンスを流通させることで知財の面から商品開発を促進しようという活動を進めています。

開放特許を活用するメリット – 発明plus

ライセンス許諾の相手は

ドラマでは特許権者がライセンス許諾相手に揺れ動くストーリーも描かれています。
大きな対価を提示する大企業か、自分の目で工場を見て納得した中小企業か、お話はドラマで確認いただくとして、特許権者からしたら自分の技術を有効活用してくれるのか、自分にはどれだけの見返りがあるのか、など悩む点だと思います。
ドラマで大企業が提示したライセンス条件は破格ともいえるもので、実際にそのような提示を受けたら二つ返事で契約してしまうかもしれません。大企業は知的財産専門の部署などを構えて特許の価値も厳密に算定してきますので、大きな値がつくということはそれだけ価値のある特許だといえます。


中小企業や個人が商品開発で成功するためには、他社と組むのも重要です。商品は1人でだけで完成させられるものではありません、足りないところは借りる!とても参考になる熱い話でした。

今回の話を踏まえて特許技術を活用した商品開発が進んでいくのでしょう。次週放送が楽しみです。

「商品開発ドラマ「陸王」 - 知財的感想」の連載記事

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)