今回は創業者であり発明家でもある佐々木孝吉氏が会長を務める株式会社ささきを紹介します。

面白いことを考えるのが好き

株式会社ささき(東京都江東区)は、創業50年の塗装業を営む会社です。ビルではキャッチフレーズ「変えるなら 奥さんよりも 壁の色」が目を引きます。面白いこと・楽しいことが好きそうな会社のようです。

株式会社ささき「変えるなら 奥さんよりも 壁の色」

創業者であり発明家でもある佐々木孝吉会長にお話を伺いました。応接室には特許証などの権利証が、会議室にはアイデア発想に使ったデザイン画などがたくさん並べられています。デザイン画は、アイデアを具体化するための発想法として作っているものなのだそうです。
一旦、応接室から会議室に移動してから再度応接室に戻ると、なんと、洋室が和室に替わっていました。壁面に格納されていた畳が下りてきて和室になるという仕掛けだそうです。
とにかく面白いことが大好きで、人を喜ばせたい会社なのだと感じました。たくさんのアイデアは、人を楽しませる・喜ばせるために生み出されているのでしょう。

片手で取れるトイレットペーパー

佐々木氏に「トイレに入った時、トイレットペーパーを何気なく使っていますが、両手で取っていることを知っていますか」と尋ねられました。思い返してみれば、トイレットペーパーはカバーを片手で押さえないと、紙を上手く切れません。無意識のうちに、両手をつかってトイレットペーパーを取っていたようです。
このような気づきから当社が開発したのが、片手でトイレットペーパーを取れるトイレットペーパーホルダーの「コロベークン」です。

コロベークン

もともとは身内にあった手が不自由な方のために作ったのだそうです。トイレで紙を切るのに苦労していることを知り、プライベートな空間で助けを求めにくいという事情も察して、「片手でも簡単に紙を切れる商品を開発しよう」と思い立たれました。

コロベークンは、カバーの上にあるローラーを回すことで片手でもペーパーを好みの長さに取り出すことができ、ペーパーのカットも片手でできるように工夫されいます。
このアイデアについては特許権も取得され、本業のリフォーム塗装の際にも提案して多くの家庭に採用されているそうです。これまでに約2万台を売り上げるヒット商品になっています。

アイデアを作るのは喜んでもらえるから、喜んでもらえるというのはどういうことかと言うと、「役に立つ」ということも1つの解釈かと思います。このコロベークンの発明は、人の生活の役に立つことで喜ばれる素敵なものだと感じました。
人を喜ばせること、発明の基本的な動機であって重要なポイントであると再認識しました。

佐々木孝吉氏

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)