特許庁は「地域団体商標マーク」を決定したことを発表しました。

「地域団体商標マーク」について ~このマークは「地域の名物」の証です~ – 特許庁


特許庁 Web サイトより

地域団体商標とは、地域名+産品の名称という商標を生産者の組合などについて登録する登録商標の一種です。当然商標権がありますので、品質の悪いものや他所で作ったものが名を騙ることを法的に防ぐことができます。

そのような地域団体商標について今回、特許庁は「地域団体商標マーク」を作ることで消費者にも地域団体商標であることがわかりやすいようにしました。
このマークは地域団体商標を登録した団体等が特許庁に届け出ないと商品につけることができませんので、マークが付いていればその商品が商標登録を受けた団体によって正当に管理されたものであることがわかります。品質のよいお土産選びの助けとなりそうです。

似たような制度に農林水産省の地理的表示保護制度(GIマーク)があります。
こちらも地域の特産品についてGIマークを付けられるように登録する制度で、登録を受けた団体以外がその産品の名称などを使うことを制限しています。

地方産業の活性化ということで、各地の特産品の良さを広めることは重要です。そんなとき、その名称を知的財産制度を活用して保護することで、良いものだけを広めることに役立ちます。

後藤 英斗

弁理士、情報処理安全確保支援士(登録セキュリティスペシャリスト)
発明プラスでは外部ライターとして主にIT系の記事を担当しています。