発明plusを運営するコスモス特許事務所は、ビジネスプランコンテストおかやま2017 (NEWORK EXPO OKAYAMA)にサポーターとして参加しました(イベントの紹介記事)。先日、コンテストに集まった新しいビジネスアイデアの最終選考イベントが活況のうちに行われました。
今日は、このようなビジネスコンテストについて紹介しようと思います。

新ビジネスに挑戦

例えば物を作るビジネス、昔は作ってくれる工場を探すのに苦労したものですが、今はインターネットなどの情報源の発達で協力者を探しやすくなっているのではないでしょうか。また、インターネット上のサービス事業などであれば物を作るのに比べて参入しやすい環境にあるかもしれません。
実際にモノを作る・作ってもらうのは現代では比較的しやすくなってきているのかもしれません。ただ、新ビジネスをするのなら多くの応援・バックアップを受けて始めたいものです。販路拡大や資金調達など、1人で抱えるより協力を得た方が進めやすい課題もあるからです。

バックアップとしては補助金・助成金制度や、弁理士や税理士などの専門家派遣制度など、公的なものも多くありますので検討してみるとよいでしょう。今回は冒頭にも書いたように、ビジネスコンテストを活用するという視点で紹介します。

ビジネスコンテスト

地域の活性化策として、各地で新規事業を推進する動きがあります。その中で行われるのが、地方自治体や金融機関のビジネスプランコンテストです。
ビジネスプランコンテストは、新たなビジネスプランを計画して発表し、その実現性や革新性、将来性などを競うものです。コンテストに出場するメリットとしては知名度の向上や賞金の獲得などが考えられれますが、特典としてプラン実行のサポートを受けられるという点もメリットです(注:すべてのビジネスコンテストに用意されているわけではありません)。

サポーターの支援

コンテストで審査を通ったビジネスプランにはサポートが用意されることがあります。良いプランであっても有効に実行されなければビジネスとして成功とはいえないので、主催者側としても成功へ導きたいという思いがあるのでしょう。

今回のビジネスプランコンテストおかやま2017の事例では、コスモス特許事務所は最終選考に残った11社のビジネスプランのうち4つをサポートすることとなりました。特許事務所ですので、特許戦略や商標戦略によってビジネスをサポートします。
そのほかのサポーターは、クラウドファンディングサービスによるWebサイトでの優先紹介や、大学による産学官連携の支援、金融機関による経営塾への招待などが提供されるようです。
コンテストをきっかけに様々な応援を受けてビジネスプランを実行することができます。

従来のコンテストでは優勝1件に賞金が出てお終いということもありましたが、昨今のコンテストでは優良なアイデアにはサポートを提供するというものが主流となってきています。
ビジネスプランの実行力を手に入れるためにコンテストに参加する、というのも新ビジネスへの挑戦の1つの方法となりそうです。


コンテストポスターよりサポート企業リストの一部(「開発NEXT」は当サイトの旧名称です。)

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)