photo by PIXTA

アイデアを考えよう

「発明plus」では、商品やサービスになにか新しい発明やアイデアを加えた点にスポットを当てて紹介しています。発明やアイデアというと特許をイメージするかもしれませんが、特許を取得していなくても素晴らしい発明やアイデアは存在します。特許があれば独占権が得られるメリットがありますが、特許がなくても新しい発明やアイデアをプラスした商品は魅力的です。そうした魅力的な商品やサービスを、発明やアイデアといった視点から見ていこうというのが発明plusです。

既存の商品に「名前」をプラス

発明やアイデアは、新しい発想であればよく、ネーミングも新しい発想の一つと私たちは考えています。名前を変えるだけでも商品の魅力は大幅アップしうるからです。

例えば、鉛筆があります。鉛筆は既に完成した製品で新しいアイデアを加えることは難しいと考えるかもしれません。しかし、四角の鉛筆と五角の鉛筆を2本セットにして四角・五角にかけて洒落を効かせた「資格合格」との名前をプラスすれば立派なアイデア鉛筆ができます。また、既存の五角の鉛筆を2本セットにすることで五角+五角=十角で「合格当確」鉛筆もできます。これらは私が商品化した例ですが、既存の商品に発明やアイデアをプラスして今までにない魅力的な商品ができました。

五角の鉛筆2本セットで「合格当確」

お酒などを入れるも作りました。升は一般的には四角形ですが、私は資格試験受験者向けの合格祈願グッズとして八角の升にしたのです。四つの角を取ったったことから「四角取ります」転じて「資格とります」。これも升をネーミングでアイデア商品化しました。

四角のますの四角を取って「資格とります」

いちごにアイデア

これはクラージュクリエイトさんの事例ですが、いちごという農産物にアイデアをプラスしたものもありました。
新しい品種を作り出すことは難しいかもしれませんが、型を用いてハート型に生育するアイデアと、「いちごころ」という名前とをプラスした商品で、付加価値の高いいちごを作り出すことに成功しました。

いちごころ

アイデアを足していこう

発明やアイデアを足すことは、必ずしも特許を取得することだけではありませんし、決して難しいことではありません。既存の商品に発明やアイデアを足すことでその商品が生まれ変わることもあります。
今後も発明plusでは、商品やサービスに発明やアイデアをプラスするような読者の事業のヒントをお届けしていきます。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)