私は以前「社長、その商品名、危なすぎます!」という本を出しました。その本には、帯がついています。帯には内容がわかりやすく伝わるキャッチコピー、出版元である日本経済新聞出版社の名前、さらには収録シリーズの名前である「日経プレミアシリーズ」の文字など、さまざまなことが記載されています。

これら書籍やその帯に記載された情報は、商標と商標でないものに分けることができます。

photo by PIXTA

例えば「日本経済新聞出版社」「日経プレミアシリーズ」は、商標です。一方で、書籍名(タイトル)やキャッチコピーは商標ではありません。
この違いは、取引の目印であるかどうかが基準となります。

日本には、日本経済新聞出版社以外にも書籍を刊行・販売している企業は多数あります。新聞社系の出版社だけをとっても、「朝日新聞出版」「毎日新聞出版社」などがあります。また他にも、「講談社」「小学館」「新潮社」といったさまざまな会社があります。
こうした多くの出版社がある中で、特定の出版社を示す目印として「日本経済新聞出版社」という文字、すなわち、商標が表されています。
また、さまざまに出版される書籍の中で、手軽に読める新書サイズで刊行されるシリーズを示す目印として「日経プレミアシリーズ」が表されています。「日経プレミアシリーズ」は実際に商標登録もされています。

本のタイトル「社長、その商品名、危なすぎます!」は、取引の目印といえるのでしょうか。これは、少しややこしくなるので、違う例でご説明してみましょう。

「ゆずの素」「ゆずえん」……。この文字を見て何を意味するかお分かりでしょうか?もう少しヒントを出すと、「ゆず一家」「ゆずマン」。これをお分かりになる方は、アーティストの「ゆず」を知っている方でしょう。これらの言葉はすべて「ゆず」のアルバム名です。CDのアルバム名は、アーティストがさまざまな想いを込めています。そのため、それぞれのアーティストがいろいろなタイトルをつけます。ファンの方はそれを見て、アーティストの思想を感じ取るわけです。
ところが「ゆず」を知らない方ですと、「ゆずの素」や「ゆずえん」だけを見ても、「入浴剤か何か?」「観光施設なのか?」など、それが何を表しているのか、さっぱり分からないと思います。

このように、CDや書籍のタイトルは、それだけでは提供者などを区別する目印にはならないので、商標ではないとされています。私の本のタイトル「社長、その商品名、危なすぎます!」も商標ではないということですね。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)