テレビコマーシャルでは、商品名とは別に用いるキャッチフレーズによって印象を増幅させる工夫が見受けられます。インパクトのあるキャッチコピーは、商品の印象を脳に焼きつける効果があるようです。

このキャッチフレーズですが、知的財産としてはどのような扱いなのでしょう。

「Always Coca-Cola!」このフレーズを聞いて、覚えがある方はいらっしゃいますでしょうか。コカ・コーラ社が以前にテレビコマーシャルなどで用いていたフレーズです。このフレーズを聞けばあの清涼飲料水をイメージできるという方が大半かと思いますので、大変良いキャッチフレーズだといえます。

実はこのキャッチフレーズの中の「Always」の部分に似た商標として、「オールウエイ」という言葉の商標権を持っている人がいました。そして、その商標権を保有する権利者がコカ・コーラ社を相手どって訴訟を提起した、という事件がありました。
確かにこのキャッチフレーズには、商標登録「オールウエイ」(に類似する部分)が含まれますが、コカ・コーラを購入するような消費者は「Always Coca-Cola!」を見聞きした際に「Always」はキャッチフレーズの一部であると認識し、それが商標であるとは考えない。すなわち、「Always Coca-Cola!」の使用は「オールウエイ」の商標権の侵害ではない、と裁判所はこのとき判断しました。

キャッチフレーズともいえるようなものが商標登録がされることはあります。しかしながら商標とは商品を識別する目印ですから、目印としての用いられ方をしない場合には商標権の侵害とは言えないのです。

photo by PIXTA

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)