スポーツブランドにも商標は欠かせません。

たとえば3本ラインといえば、誰もがアディダスを思い出します。3本の平行線は、アディダスを示す商標として機能しているのです。
この3本ラインが生まれた理由の1つは、靴の強化だといわれています。

靴は、靴底と足の甲の部分でできています。人間は歩くとき、必ず足の甲を曲げて地面をけり上げることになります。そうすると、靴の足を覆う部分と靴底との間で離れるようなストレスが生じ、足の甲の部分が徐々に伸びてしまいます。その伸びを防止するため、靴側面に3本のラインを入れて補強したのが始まりだというのです。

今では靴のみならず、サッカー日本代表のユニホームにもあるように、洋服やズボンの横に3本ラインをつけるのがアディダス製品の特徴になっています。

ちなみにアディダスは、洋服の側面に3本ラインを入れることを立体商標として登録しています。立体商標という制度が生まれる前には、アディダスはこの立体的な商標を守るために平面的なマークとして商標登録をしていました。

photo by PIXTA

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)