商標とは、商品やサービスに標章(名称やロゴなど)が用いられて初めて完成する取引上の「目印」のことです。

つまり、商標登録を受けるには商品またはサービス(役務といいます)を指定しなければなりません。
商標登録出願ではこの商品または役務を指定するわけですが、現在の商標法では、たとえば商品が種類に応じて45の区分(類)に定義されており、まずはこの区分を指定します。その上で、更に細かくどんな商品に使う商標であるかということを定義します。
土地の権利に例えると、独占できる範囲(領域)を定めるようなものです。

商標とは取引の目印たりうるものなので、商品やサービスが誰のものかを示さないようなものは、登録が認められません。
商品「ビール」に名称「ビール」としたところで、どのメーカーのビールなのかわかりません。「一番搾り」なり「スーパードライ」なり、特徴ある名称であるからこそどのメーカーのビールかを知ることができ、即ち、それが商標であるのです。

果物の「りんご」に「Apple」と表示しても単にそのものを英語で言い換えたにすぎず、生産者などを特定するには及びません。しかしながら、「コンピューター」に「Apple」と表示していたらどうでしょう?そう、あの会社のお洒落なPCだとわかりますね。それが商標です。

「サッカー」を「サッカーボール」などのサッカー用品に用いる場合は商標登録が認められないと思われますが、「食肉」や「肉製品」を指定した商標「サッカー」は登録されます。肉製品などについてサッカーを登録してるのは日本ハム株式会社です。「野球」も商品「ケーキ」について登録されており、こちらの商標権者は株式会社不二家です。この「野球」はなんと大正10年に登録された商標ですです。

商標というと名称やロゴの方にばかり目が行きますが、どんな商品やサービスに使うものなのかということも重要な要素となります。商標登録を検討するときや、面白い商標登録を見つけたときなどには、商品やサービスについても注意を向けてみましょう。

photo by PIXTA

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)