2018年9月5日(水)に愛知県豊田市で開催された「知財ビジネスマッチングセミナー」の様子をレポートします。

知財ビジネスマッチング
中小企業が大企業の保有する開放特許(休眠特許に限らず広く利用を認める方針の特許)等を活用し新製品開発や新事業展開へと繋げるため、技術力を有する中小企業に対して大企業の技術等(シーズ)の紹介やマッチングを行います。

本セミナーでは、新製品開発や技術向上をお考えの企業の経営者や担当者に向けて、開放特許の活用事例をもとに新製品開発や技術向上のポイント、開放特許の導入方法について弁理士の富澤正(発明plusプロジェクトリーダー/コスモス特許事務所)がご説明しました。

【第一部】新しいモノづくりの仕組みの活用方法~クラウドファンディング・開放特許で商品開発~

  • そもそも知的財産権とはどんなもの?
  • 開放特許を活用するとどんなことができるの?
  • クラウドファンディングでどんなことができるの?

知的財産権のプロフェッショナルである弁理士 富澤正、クラウドファンディング経験の豊富な知財スタッフ 坂野明日香が開放特許活用による新製品開発のポイントを解説しました。


【第二部】開放特許技術の紹介

各社・大学が保有する開放特許技術について、それぞれ20分程度のご紹介いただきました。

  1. 中国電力株式会社
  2. 名古屋工業大学
  3. 富士通株式会社

普段はなかなか聞く機会のない他社の特許や、実際に開放特許を活用した商品開発の事例など、セミナー参加者にとっても関心が高かったようで、熱心に耳を傾けられていました。


【第三部】ライセンサーとの個別相談

リラックスした雰囲気のなか、各企業担当者へのご相談や参加者様間の交流などが行われました。

参加者の声

  • 他業種とのつながりも考えるきっかけになった
  • 自社製品を何を作ったらよいかわからない が、開放特許からアイディアが生まれそう
  • 自社技術を使用したBtoC製品の開発が進行中。クラウドファンディングを商品企画担当者へ伝えたい

セミナー概要

日時
2018年9月5日(水) 13:00~15:30
場所
ものづくり創造拠点SENTAN(愛知県豊田市)
対象者
開発部門・営業企画部門のご担当者、経営者
参加費
無料
坂野明日香

知財キュレーター。主に補助金・クラウドファンディングの話題を担当。
アフター5はNPO法人の理事長。ロケットストーブ&スターリングエンジンの普及促進活動をしています。