愛知県豊田市の開放特許活用の取り組み

豊田市は、開放特許活用による新製品開発支援事業に取り組んでいます。昨年度は、市内の2つの中小企業が特許権者と契約を締結し、開放特許の活用として新製品の開発に取り組むきっかけを作りました。同事業は、発明plusを運営するコスモス特許事務所が受託して推進しています。

商品開発のイメージ by PIXTA

知財ビジネスマッチングセミナー

2018年9月5日に知財ビジネスマッチングセミナーを開催しました。

事業者が気に入る開放特許に出会えるのかどうかは運やタイミングに左右されるところもあります。3万件以上もあると言われる開放特許の中から使いたいと思えるものに出会えるのは、人との出会いと同じように奇跡的なものなのかもしれません。
私たちは技術を使った新製品を開発したいという事業者と、優れた技術について特許をもつ特許権者との出会いをお手伝いする知財ビジネスマッチングセミナーを開催しています。参加する事業者のバックグラウンドや要望にあった特許技術を紹介し、その特許の所有者と対話する機会を提供するようにしています。

開放特許とクラウドファンディグ

本年度は開放特許を活用した製品開発についてクラウドファンディングの活用を提案しています。
インターネット上で主に個人からの投資を募集するクラウドファンディングでは、資金調達の手段としてだけではなく消費者の要望や反応を調査するマーケティングの機能も見込め、新製品の開発には有力なツールとなっています。

開放特許を活用した新製品は、特許権の効力によって市場にない新しいものとなります。その斬新さは目を引くものですが、反面、市場性や収益性などの見通しは中小の事業者には難しい場合があります。そこでクラウドファンディングで消費者の反応をみることで、市場に投入する価値のある製品か否かを調査できるようになり、製品開発に挑戦しやすくなります。

開放特許の活用とクラウドファンディングは親和性が高いように思います。
発明plusでは、これからも様々なツールを組み合わせた開放特許活用の方法を提案していきます。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)