9月20日に大阪商工会議所で開催されたMoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラム「技術シーズ商談会 With 富士通」にて、発明plusプロジェクトリーダーの富澤正(弁理士, コスモス特許事務所)が「儲けるための知財活用~開放特許の活用はビジネスを発展させるチャンス!~」の講演を行いました。

盛況の会場には、大企業等の技術シーズの活用に関心のある多くの方がお越しくださいました。技術シーズのカタチである開放特許をビジネスに活用することについてお話をし、関心を寄せていただきました。

MoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラム「技術シーズ商談会」 とは

大阪商工会議所、東大阪商工会議所、八尾商工会議所、守口門真商工会議所が開催し、中堅・中小企業による大企業等のデバイスや特許などの技術シーズを活用した新ビジネス・新製品の創出を支援するイベントです。毎月1回のペースで開催されています。
今回講演を行った9月の回は、富士通株式会社が保有する技術シーズについて紹介をし、新製品・新事業の創出をめざす中堅・中小企業からの提案を募集しました。

今回参加された中で富士通とのマッチングを希望する方は、紹介された技術シーズをどのように活用するかを企画としてまとめたエントリー書類を提出され、その後、審査を経てマッチング成約へと至ります。

マッチングは基本的に次のような流れで行われます。

  1. 技術シーズ説明会 ※今回のイベントのことです。
  2. エントリー書類の受け付け
  3. 選考結果の通知
  4. 個別面談(商談会)の開催

MoTTo OSAKA オープンイノベーションフォーラムの詳細はこちらから

今回のセミナーの概要

日時
2018年9月20日(木) 14:00~16:00
会場
大阪商工会議所 6階 白鳳の間
対象者
開発部門・営業企画部門のご担当者、経営者
主催
大阪商工会議所、東大阪商工会議所、八尾商工会議所、守口門真商工会議所
共催
都心型オープンイノベーション拠点「Xport」
プログラム
  1. 「技術シーズ商談会」の説明
  2. 「儲けるための知財活用~開放特許の活用はビジネスを発展させるチャンス!~」
  3. 富士通株式会社の技術シーズの説明
  4. 質疑応答
坂野明日香

知財キュレーター。主に補助金・クラウドファンディングの話題を担当。
アフター5はNPO法人の理事長。ロケットストーブ&スターリングエンジンの普及促進活動をしています。