2019年4月1日より個人や中小企業等を対象とした審査請求料と特許料の減免申請の手続が大幅に簡素化されます。

photo by PIXTA

4月1日以降に審査請求をする特許出願等について、出願審査請求書や特許料納付書に「減免を受ける旨」と「減免申請書の提出を省略する旨」を記載すれば、従来必要であった「減免申請書」と「証明書類」の提出が不要となります。
これまで経済産業局等に減免申請書と証明書類を提出しなければならなかった研究開発型中小企業・公設試験研究機関・地方独立行政法人についても、前述の記載のみで減免を受けられることとなります。

なお、2019年3月31日以前に審査請求をした特許出願等については、特許料の納付が2019年4月1日以降であったとしても、これまでの減免制度に基づいて申請書・証明書類を提出して申請することとなりますので、注意が必要です。
審査請求のみならず、登録料納付の手続の簡素化にも影響するため、もし審査請求の期限が間に合うようであれば、2019年4月1日以降まで審査請求を待つのもよいかもしれません。

参考

新たな特許料等の減免制度が始まります(審査請求料・特許料(第1年分〜第10年分)) – 特許庁

愛知県出身。弁理士。
現在は東京に住んでいるが、
慣れ親しんだスガキヤのラーメン(ソフトクリームは必ず付ける派)が食べられず、寂しい思いをしている。