特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直接持っていくわけではなく、振込などの決められた方法で行います。
これまで特許庁への納付ではクレジットカード決済が認められていなかったのですが、それが2019年4月から認められる見通しとなりました。

クレジットカードによる納付(指定立替納付)の新設について – 特許庁

専用ソフト(無料)を使って行うオンライン手続にのみ対応しており、郵送や窓口での手続では依然としてクレジットカードは使えません。また、支払いは1回一括のみで分割は指定できませんので注意が必要です。

photo by PIXTA

定常的に相当数の手続を行う場合は予納や口座振替が便利ですが、そこまで件数は多くないものの特許関係の手続を行われる場合には、クレジットカードが使えるというのもメリットとなりそうです。

参考までに、その他の料金納付方法を紹介します。

特許印紙
書類に特許印紙を張り付けて特許庁へ提出します。
予納
特許庁に予納台帳(預託口座のようなもの)を開設し、そこから必要な金額が引き落とされます。
現金納付
特許庁専用の振込用紙を用いて、銀行で手続をします。
電子現金納付
ネットバンキングサービスまたはATM(いずれもPay-easy対応のもの)で入金します。
口座振替
予め特許庁に申請してある銀行口座から必要な金額が引き落とされます。
竹村 恵一

弁理士。
主に知財ニュースを担当。
家庭ではたこ焼き担当。
趣味はフットサル。最近は、低下した体力に見合った新たな趣味を模索中。