大量製造の時代は終焉

現代は大ロット生産・大量販売の時代ではなくなり、小ロット生産・少量販売の時代になったと言われています。
小ロット・少量販売だからこそ中小企業にとってはチャンスがあります。また、市場が小さい中では知的財産権が有効に働くこともあります。市場が小さければ参入してくる企業も限られてきます。参入企業が少ない中でさらに知的財産権を確保できれば、小さくともその市場を独占できる可能性があるからです。

そうしたニッチな市場での事例として「鶏肉ささみ用筋取り具」があります。ささみ肉の筋を取るための専用の包丁のアイデアです。
鶏のささみは低たんぱく低糖質でダイエットの食事に人気があります。しかし、筋を取らないと味や食感が悪くなるのですが、この筋は肉にしっかりついているため取りにくいのです。そこから生まれたのが「鶏肉ささみ用筋とり具」のアイデアで、写真にあるような形で二股のピンセットのような包丁となっていてささみの筋を挟み込んだあとに抜き取り筋を引き抜くのです。

食鶏ささみ肉用筋取り具

アイデアを借りて製品化

このアイデアを使って製品化したのが豊田市足助町にある廣瀬重光刃物店です。当店は、歴史ある足助町にあり鍛冶職人の廣瀬友門氏が7代目となる歴史のあるお店です。同氏は、これまでもさまざまな新しいジャンルの刃物を作ることに挑戦してきました。そして、今回は同じ豊田市の発明家から生まれたこのアイデアの商品化に取り組まれました。

アイデアと製造者とがマッチングする面白さの1つは、職人の技術と斬新なアイデアとが相乗的に活きることです。長年培われた職人の技術がアイデアに加わることで作りやすさや使いやすさが格段に良くなります。この良さは、特にアイデアが早期の試作段階であるほど顕著に出てきます。

クラウドファンディングの活用

ニッチな市場への挑戦には勇気が必要です。十分な収益を確保できるか不透明な部分があるからです。そこで私たちは、ニッチな市場に対する取り組みを実施する場合には、市場調査の意味も込めてクラウドファンディングを行うことを奨めています。

今回紹介した「鶏肉ささみ用筋取り具」は「豊田市開放特許活用による製品開発支援事業」の一環として進んだもので、製品化まではできました。製造されている廣瀬氏は、あとは市場調査を行って市場に出していければおっしゃっていました。

ニッチな市場でも役立つ知的財産権。また、それをシェアして製品化するというのも時代の流れであると感じています。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)