平成31年度地域中小企業知的財産支援力強化事業の一環として2019年10月3日に長崎商工会議所で開催された『知的財産を活用した商品開発セミナー&ワークショップ』に、発明プラスを運営する特許業務法人コスモス国際特許商標事務所弁理士 富澤正と坂野・中村が講師・ファシリテーターとして参加してきました。

セミナー&ワークショップ

福岡ひびき信用金庫をはじめとする九州北部(福岡・佐賀・長崎)の地元13信用金庫が、知財支援機関と連携して構築された知財支援スキームです。信用金庫の職員が、知財活用のコーディネートに必要なスキルを身につけた地域のキーパーソンとなることを目指して開催されました。
今回、このスキームにコスモス国際特許商標事務所の発明プラス事業部が参画させていただきました。

知的財産権セミナー(講師 弁理士 富澤正)

第1部 知的財産権セミナー
開放特許とは何か?をお話する前に、そもそも知的財産権とはどんなもの?から説明し、参加者の皆さんに知財活用への関心を強くしていただきました。
第2部 開放特許の紹介
パナソニック株式会社、九州電力株式会社の知的財産担当の方に、各社の開放特許の概要について説明をしていただきました。
第3部 ワークショップ
参加者を6つのグループに分け、各テーブルにファシリテーター(富澤・坂野・中村も参加)がつき、グループワークを行いました。自社の強みを書き出したふせんと、開放特許のカードを組み合わせて、模造紙の上で『どんなことができそうか』を検討しました。

参加者の注目を集めた開放特許

今回、台風15号により発生した千葉県での大規模停電が記憶に新しいこともあり、中国電力の開放特許が注目を集めました。

コンセントの裏側に充電池が設けられており、停電時にたとえば冷蔵庫だけ給電することができるなどスポット運用ができることやコンセントの裏側のために美観を損ねないことが評価のポイントになりました。

介護施設では空調機器や医療機器、食品加工業者では冷蔵庫・冷凍庫などへの停電対策が急務であるとのコメントが寄せられました。電力事業者の特許について、他業種の事業者も関心をお寄せいただき、知財活用に繋がる良いきっかけとなりました。

グループで選んだ開放特許に「名前を付けて」発表する

今回実施したワークショップでは、グループで選んだ開放特許に「名前を付けて」発表することをゴールに設定しました。

例えば、あるグループが先に紹介した九州電力の開放特許を使った停電対策システムを『ばってんきゅうでん』と命名して発表されていました。大河ドラマ「いだてん」でも有名になった「ばってん」。長崎弁で「ばってん」は「だけど」の意味で、「(停電)だけど給電」「(停電)だけど九電」といった意味合いを持たせたネーミングセンスが光ります。

アンケートでも、ご参加いただいた多くの方から「知財コーディネーターのフォローを希望する」との回答をいただき、知財活用に大きな期待を感じます。発明プラスでは姉妹プロジェクト『PATRADE』とも連携して知財マッチングを推進します。ひきつづき、ご期待ください。

イベント概要

第1部 セミナー
「ヒットを生み出す経営者のためのアイディア発想法」(講師 弁理士 富澤正)
第2部 開放特許紹介
パナソニック株式会社、九州電力株式会社
第3部 ワークショップ
自社の強み×知的財産を考える
主催
長崎商工会議所・一般社団法人 九州北部信用金庫協会・一般社団法人 長崎県発明協会
日時
2019年10月3日(木) 14時-17時
会場
長崎商工会議所

平成31年度地域中小企業知的財産支援力強化事業とは

中小企業等に対する知的財産支援の先導的な取組に要する経費を補助し、知的財産支援体制の構築や連携強化の促進等による地域における知的財産支援の強化を図るとともに、優れた取組事例を全国展開することにより、中小企業等による知的財産の保護・活用を促進することを目的としています。
-九州経済産業局HPより引用

坂野明日香

主に補助金・クラウドファンディングの話題を担当。
ガジェットなど新しいモノや家電好き。鉄分が豊富(特にSL)。
某法科大学院を卒業して司法書士事務所へ就職、出産を経て、前職の特許事務所へ。
7年目を節目にコスモス国際特許商標事務所へ転職。