プライベートブランド

昨今、コンビニエンスストアでも大手スーパーでも見るのがプライベートブランド(PB)です。プライベートブランドとは、小売店や卸売業者が独自のブランドで売り出している商品のことです。自社で融通の利くブランドであれば、メーカーからの制約なしに自由に仕様や価格を選択できるので、販売者にとっては利益を上げやすいモデルとして広がってきています。

これはコンビニエンスストアや大手スーパーに限った話ではありません。他の小売店や問屋など、販売網を持つ業種でも同じことができます。プライベートブランドを持つ、すなわち、自社商品を持つことは、利益率を上げるという点で大きなメリットを生み出してくれるでしょう。

製造代行サービス

以前は、プライベートブランドを持つためには工場を建設したり、新しい設備を購入するなど大きな投資が必要となることもありました。しかし、今は製造を代行してくれる業者をインターネットで簡単に探すことができ、低リスクで商品を製造できるようになってきています。最初から大きなリスクを取るのではなく、要望に沿う製造代行業者を探して小さく始めることが重要です。

製造代行業者の探し方

製造代行業者をインターネットで探す場合は、製造したい商品名と「製造代行」または「OEM」という言葉を入れて検索してみてください。そうすると、発注者のブランド名で商品を製造をしてくれる企業が多数出てくることでしょう。いくつかの企業に、作りたい製品のイメージと数量を伝えて見積もりを取ってもらい、値段や納期、品質を加味して製造代行業者を選ぶとよいでしょう。

私自身も「四角」=「資格」、「五角」=「合格」を意味する四角形と五角形の鉛筆のセット「資格合格」鉛筆をオリジナル商品として販売していますが、同様の方法で製造代行業者を探して製造を行っています。

オリジナル商品は強い

OEM商品は、特許権などの独自の権利がなかったとしても販売力があれば高い利益を得ることができます。メーカー品と遜色のないOEM商品もできるようになっていますので、消費者に選ばれる商品になれば、より自社の利益を上げる武器になるでしょう。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)