特許の使用料の考え方

特許権を取得した人がその使用料でお金持ちになったという夢のような話を聞くことがあります。特許庁に登録されているアイデアは権利者が独占できます。他人の特許発明を勝手に使うと、たとえ特許庁に登録されていることを知らなかったとしても不法に特許権者の利益を侵害したとみなされてしまいます。

合法的に特許発明を実施する場合は、特許権者から許諾を得て、一般的には使用料(実施料)を払って使います。使用料は、本来であれば権利者しか使えない発明を使わせてもらうことに対する対価です。

使用料の相場

特許の使用料の相場はどれくらいですか、と聞かれるのですが、金額は当事者間で決められるため、妥当な相場というものはありません。発明は分野も規模も性質も様々であり、また特許権が製品やサービスに対してどれだけ貢献しているのかも一概には言えないからです。特許の使用料は、高い場合もあれば安い場合もあります。

一つ言えるのは、それは特許取得までにかかった実費程度は最低限かかるであろうということです。特許権の取得には、出願から登録まで多くの手間と費用がかかっています。まず、特許出願から登録までの一連の手続きとして約15万程度の特許印紙代がかかります。また、特許出願を特許事務所に依頼する場合は50万程度の費用が発生するとみていいでしょう。そもそも、出願するアイデア(発明)自体を作り出す研究にも多くの時間と費用が費されています。これらの費用が使用料の最低限度の目安として考えられるでしょう。

費用をかけても使うメリット

特許出願の経験がない場合、初めて使用料を聞くと渋い顔になってしまうかもしれません。しかし、他者の特許を使用させてもらえるということは、特許権者の企業努力の結晶を使わせてもらえるということです。すなわち、開発にかかる時間や資金を抑えて、自社で製品を作ることができるのです。さらに、特許権利を取得すると特許の更新管理や他社へのけん制などが必要となりますが、借りている場合には権利者側が管理してくれるケースもあります。

特許を借りて製品を作るということは、例えば受託生産を中心とした下請け企業にとっては自社製品開発という大きな第一歩を踏み出すことにつながるでしょう。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)