特許庁のサイトでも紹介されていますが、今回初めて「建築物」や「内装」のデザインが意匠登録されました。

建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました – 特許庁

説明によるとユニクロの外観や蔦屋書店の内装が登録されています。

実は少し前まで、日本の意匠法では建築物などの不動産については原則として意匠登録を受けられないとされていました。意匠とは流通する商品の外観ととらえられており、そのもの自体が流通しない建物のデザインについては意匠法の範疇ではないと考えられてきました。

その意匠法が今回改正され、建物についても一定の要件の下で意匠登録が認められることとなり、今回の登録に至っています。近年では特徴的なデザインなどによって顧客へのサービスを提供する事例も増えていることから、今回の法改正に至ったとのことです。

意匠登録がなされると、そのデザインについて「意匠権」が発生します。意匠権は同一または類似のデザインについて差し止め等ができる強力な権利です。似たような建物を作るとなるとスケールの大きな話ですが、今後、意匠権によって建物の類似を争う事例も出てくるかもしれません。

後藤 英斗

弁理士、情報処理安全確保支援士(登録セキュリティスペシャリスト)。
知的財産とITに関する記事を書いています。