一般社団法人愛知県発明協会および名古屋商工会議所の会員を対象としたオンラインセミナーにコスモス国際特許商標事務所の弁理士 富澤正が登壇しました。

第1部 儲けるための知財活用~開放特許の活用はビジネスを発展させるチャンス!

開放特許の魅力とマッチング先の探し方
(講師: コスモス国際特許商標事務所 弁理士 富澤正)

第2部 事例紹介

  1. 株式会社木村台紙
    特許 PHOCO(印刷された画像がQRコードの代わりになる技術)
  2. 佐野工業株式会社
    特許 TOTTEKAWATTE(素材に抗菌剤を付加した非接触の帯)
  3. 株式会社秋田製麺所
    特許 骨げんきしめん(クリプトベータを活用した栄養素を摂取する麺)

第3部 「COVID-19と戦う知財宣言」について

大企業と中小・ベンチャー企業の知財の力を活用した協業が持つ可能性
(講師: ジェノコンシェルジュ京都 代表取締役社長 山崎寿郎 氏)

COVID-19と戦う知財宣言…新型コロナウイルスの終息を目的とした使用に限り、無償で特許などの知財を開放すると宣言すること。参加企業は100社、対象知財は92万件。(2020年10月22日現在)

セミナー概要

日時
2020年11月20日 15:00-16:30
配信
Zoom(名古屋商工会議所よりライブ配信)
坂野明日香

主に補助金・クラウドファンディングの話題を担当。
ガジェットなど新しいモノや家電好き。鉄分が豊富(特にSL)。
某法科大学院を卒業して司法書士事務所へ就職、出産を経て、前職の特許事務所へ。
7年目を節目にコスモス国際特許商標事務所へ転職。