コラム
Column
特許の使用料を高いとみるか安いとみるか

「富澤正」の投稿コラム一覧

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)

特許の使用料を高いとみるか安いとみるか

特許の使用料の考え方 特許の使用料収入で発明家がお金持ちになったという夢のある話を聞くことがあります。特許の使…続きを読む

2019.06.10
オリジナル商品で儲ける!

プライベートブランド コンビニエンスストアも、大手スーパーも、数多くのプライベートブランド(PB)商品がみられ…続きを読む

2019.06.03
ニッチな商品で活用する知的財産権

大量製造の時代は終焉 現代は大ロット生産・大量販売の時代ではなくなり、小ロット生産・少量販売の時代になったと言…続きを読む

2019.05.15
標準化戦略と特許権の関係

HV特許を開放したトヨタ トヨタ自動車(愛知県)がハイブリッド車(HV)に関係する特許を無償開放するということ…続きを読む

2019.05.13
「花粉」のど飴はなぜ商標登録できたか

「当たり前」の判断基準は? 今年も花粉の飛散量は多く、花粉症に悩まされたという方も多かったのではないかと思いま…続きを読む

2019.05.08
参入障壁として特許権と特許調査の必要性

自社製品への挑戦 小売事業者が自社製品開発に取り組み始めるケースが増えています。売れる自社製品を持つことができ…続きを読む

2019.03.04
ゲームの知的財産権

スマホゲームの権利 スマホの普及とともに「ゲーム」も大きく変わってきました。スマホゲームが広がる中、昨年にはゲ…続きを読む

2019.02.27
武器としてのクロスライセンス

クロスライセンスとは 小説やTVドラマとして特許を一般にも意識づけた「下町ロケット」。私も欠かさずにチェックし…続きを読む

2019.02.25
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

2019.02.18
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む

2019.02.13
新製品・新サービスを「組み合わせ」で作る

スマホも組み合わせ どんな製品やサービスもただ1つの発明ではなく、いくつもの発明の組み合わせでできています。例…続きを読む

2019.01.30
アメリカの特許制度と特許政策

先発明主義と先願主義 日本の特許制度では早く出願をした者にアドバンテージを与える先願主義が採用されています。誰…続きを読む

2019.01.28
2019年も発明プラスを宜しくお願いします。

新年、あけましておめでとうございます。 発明プラスをご覧いただき誠にありがとうございました。 2019年もこれ…続きを読む

2019.01.01
中日韓創新技術紹介会 - 中国での展示会に参加し…

2018年12月11日に中国で開かれた「中日韓創新技術紹介会」に日本の特許事務所として参加してきました。この会…続きを読む

2018.12.25
中小企業にこそ知的財産権が必要な理由

知的財産権のイイコト 知的財産権を保有することには様々なイイコトがあります。例えば、知的財産権の効果には独占権…続きを読む

2018.11.05
ハッカソンのイメージ by PIXTA
特許終了後は商品を商標登録で守る

マジックテープの特許 面と面を重ね合わせるだけで様々なものを留めることのできる面ファスナーは、1949年にスイ…続きを読む

2018.10.15
中小企業の知的財産はどこに

「大」から「小」の時代へ 時代は大量生産大量消費の時代から少量生産少量消費の時代に移っており、製造業では少量生…続きを読む

2018.10.09
9人のアイデアマン
自社の強み&知財の強みで製品作り

アイデアソン オープンイノベーションの手法にアイデアソンというもの手法があります。アイデアとマラソンを合わせた…続きを読む

2018.10.03
ハッカソンのイメージ by PIXTA
愛知県豊田市、開放特許を活用した製品開発の推進

愛知県豊田市の開放特許活用の取り組み 豊田市は、開放特許活用による新製品開発支援事業に取り組んでいます。昨年度…続きを読む

2018.10.01
商品開発のイメージ by PIXTA
経済産業省九州経産局知的財産室との意見交換

2018年9月26日に発明plusから弁理士の富澤正(コスモス特許事務所)が、経済産業省九州経済産業局知的財産…続きを読む

2018.09.28
商標登録、商品やサービスとの関係

商標とは、商品やサービスに標章(名称やロゴなど)が用いられて初めて完成する取引上の「目印」のことです。 つまり…続きを読む

2018.09.14
商標制度の変遷 - 新しいタイプの商標

商標制度は進歩しています。 立体的な商標が新しく認められ、最近では更に多くの形態の商標が登録できるようになって…続きを読む

2018.09.05
大隈重信像もリーバイスのポケットも登録商標

ブランド – 有名なブランドというと、鞄(バッグ)のルイ・ヴィトンがあります。ルイ・ヴィトンの鞄に…続きを読む

2018.09.03
音楽や本の「タイトル」と商標権・著作権

曲や音楽CDのタイトルについて、他人が商標登録を持っていた場合にはどうなるでしょう。 実際にミュージシャンの井…続きを読む

2018.08.30
日本で一番有名な弁理士は?

弁護士には、誰もが知っているような有名な方が何人もいて、職業としての認知度も高いものです。例えば、大阪の元市長…続きを読む

2018.08.27