コラム
Column
必要は発明の母です

「富澤正」の投稿コラム一覧

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)

必要は発明の母です

発明の母 弁理士としての仕事は、新しいアイデアや発明に携わるものです。 発明者がどのような考えによって新しいア…続きを読む

2017.11.08
大企業の特許を使って商品開発 

ビジネスを発展させる鍵は「開放特許」にあり! 開放特許とは 自社で開発した技術資産である特許を、他社にライセン…続きを読む

2017.11.07
2015
名古屋工業大学での知的財産権講義

発明plusプロジェクトリーダーのの富澤です。2017年の秋学期から国立大学法人名古屋工業大学で知的財産権の講…続きを読む

2017.11.03
商品開発ドラマ「陸王」 - 知財的感想 第2回

弁理士の富澤です。よく名前を「宮沢」と間違われます。 どちらかといえば宮沢の方が有名な方に多いからかもしれませ…続きを読む

2017.11.01
個人発明家の商品化を応援する会社「発明ラボックス…

社長も個人発明家 発明を売りたい人、買いたい人を結ぶサービスを展開する株式会社 発明ラボックス。 社長の松本奈…続きを読む

2017.11.01
開放特許を活用するメリット

開放特許を活用することで、企業はもっと発展します。 開放特許のライセンス契約の費用としては、契約時に契約料金と…続きを読む

2017.10.31
商品開発ドラマ「陸王」 - 知財的感想 第1回

開放特許を使った新商品「陸王」 「下町ロケット」に続き、池井戸潤氏の原作「陸王」のドラマがTBS日曜劇場で放映…続きを読む

2017.10.23
開放特許の活用「川崎モデル」を見てきました

発明plusプロジェクトチーム、コスモス特許のメンバー富澤、安永、中村が川崎市産業振興財団について開放特許の活…続きを読む

2017.10.20

地方創生の立役者、ご当地キャラクターの知的財産

キャラクターを使った地域の広報活動 「くまモン」は、熊本県の有名なご当地キャラクターです。熊本県はくまモンの使…続きを読む

2017.10.20
理系のための法律入門 - 特許法を読み解くために…

発明plus プロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が執筆した「理系のための特許法入門」(中央経済社, 2014…続きを読む

2017.10.19
理系のための法律入門 - 特許法を読み解くために…

発明plus プロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が執筆した「理系のための特許法入門」(中央経済社, 2014…続きを読む

2017.10.18
理系のための法律入門 - 特許法を読み解くために…

発明plus プロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が執筆した「理系のための特許法入門」(中央経済社, 2014…続きを読む

2017.10.17
理系のための法律入門 - 特許法を読み解くために…

発明plus プロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が執筆した「理系のための特許法入門」(中央経済社, 2014…続きを読む

2017.10.16
理系のための法律入門 - 特許法を読み解くために…

発明plus プロジェクトリーダーの弁理士 富澤正が執筆した「理系のための特許法入門」(中央経済社, 2014…続きを読む

2017.10.11
地方ブランドの確立には地域団体商標

新しい形の地域ブランド 以前にも知的財産権を活用した地方創生について書きましたが、私は地方創生には知的財産権を…続きを読む

2017.10.10
中小企業が商品開発を始めるきっかけ - 有限会社…

工場内の問題に取り組んで 愛知県豊田市にある有限会社勝田工業は、設備メーカーの設計製造を請負う企業。請負業が中…続きを読む

2017.10.06

技術を広めるための知財戦略

知的財産権を取得すると他の誰も使えない!? 知的財産権は独占排他権であるから、その権利は取らない方(成立させな…続きを読む

2017.10.04
政党名で考える商標の先願主義

予想された「希望の党」 政治の世界では衆議院解散、民進党が希望の党に合流など新聞の紙面を賑わしています。小池東…続きを読む

2017.10.03
なぜ大企業が特許を開放していくのか

地域との共生のための8年 開放特許という言葉を聞く機会も増えてきた昨今ですが、なぜ大手企業が大事な特許技術を開…続きを読む

2017.09.28
海外に目を向けたときの知的財産

海外で簡単に真似される時代 クールジャパンブームや和食ブームと、海外から日本文化・技術が注目されるようになって…続きを読む

2017.09.22
地方創生の中心としての製造業

広がる地方創生事業 首都圏への人口集中などで地域格差が深刻化する中、行政が地方創生施策に力を入れています。 地…続きを読む

2017.09.12
商標の先願主義について

商標の先願主義 ピコ太郎氏やエイベックス社とは関係のない他人によって「PPAP」が商標登録出願されていることが…続きを読む

2017.08.18
知的財産権を借りるという考え方

未活用特許 企業では研究開発が日夜行われています。その中で特許になりそうな基礎技術や応用技術については特許が取…続きを読む

2017.08.10
本を借りる
知的財産は土地と似ている

無体財産 形ある有体財産であれば持ち主が自由に使う権利を持つことは理解が容易です。有体財産のうち、価値が高い一…続きを読む

2017.08.01
土地の区画
中国の中小企業、特許熱の高まり!

中国は特許出願数は世界一 国別の特許出願数をみると、2011年以降は中国が世界で一位であることをご存知でしょう…続きを読む

2017.07.31
狙いを定めている