開放特許活用による製品開発支援事業の一環として、愛知県豊田市で「自社技術を活かした新製品・新事業創出」のワークショップを開催します。

このイベントは、発明プラスの姉妹プロジェクト『PATRADE』(PATRADE株式会社)で知財マッチングを推進する弁理士 富澤正が知的財産の基礎知識から知的財産を活かした具体的な商品開発の方法まで、幅広いテーマと手法をセミナーとワークショップでお伝えします。また、これまでに豊田市の同様の取り組みで生まれた知財マッチングの成功事例を2件紹介します。

商品開発に取り組みたい中小企業の方・地域産業を支える金融機関の方など、どなたでも明日から使える知財の知識と活用できるアイデアに出会う機会として、ぜひご参加ください。

開催日時

2019年12月19日(木) 13:30-16:30 (開場13:00)

プログラム

挨拶
セミナー
開放特許の活用について (弁理士 富澤正)
開放特許活用事例紹介
株式会社協豊製作所, 国立大学法人富山大学 特許「背負子」
有限会社広瀬重光刃物店, 個人発明家 実用新案「食鶏ささみ肉筋取り具」
ワークショップ
個別相談会・情報交換

申込み方法

参加費

無料

対象者

  • 新商品・新規事業を検討している方
  • 保有技術の活用方法を探している方
  • ベンチャー企業・スタートアップ企業
  • 金融機関・中小企業支援機関
  • コンサルタント・士業

どなたでもご参加いただけます。

開催場所

ものづくり創造拠点 SENTAN

豊田市挙母町2-1-1

豊田市 開放特許活用による製品開発支援事業

我が国の特許は約160万の登録件数のうち、半数の特許が活用されていません。その中には有望な技術でありながら、マーケット規模が小さく事業化を見送った大企業の特許が休眠しています。このような特許(他社にライセンス供与できる特許=開放特許といいます)を中小企業が取り入れ、新しい製品づくりや既存製品の付加価値の向上に向けた取り組みを進めています。