開放特許を特集した特許・ものづくりのフリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」第2号を発行!

~特集「開放特許」を使った中小企業の新商品開発について等~
特許業務法人コスモス特許事務所(本社:愛知県名古屋市、所長:富澤 孝)・TimeFactory株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:富澤 正)は、開放特許を特集した特許・ものづくりのフリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」第2号を2016年11月9日に発刊し、各所で無料配布しています。
フリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」第2号
フリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」第2号

フリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」について

「発明plus(旧:開発NEXT)」は、ものづくり企業の経営者・開発者へ送るものづくりのフリーペーパーです。ものづくりの開発に必要な最新情報を、各分野のトップに取材協力を得て1冊約30ページにまとめ、年間で約5万社を超える企業へお届けします。

「発明plus(旧:開発NEXT)」第2号の内容

特集1

大企業が持つ技術を開放しているいわゆる「開放特許」を使った中小企業の新商品開発についてです。開放特許を使うことの効果は、開発にかかる時間や資金を抑えられること、大企業の技術を使って共同開発できること等があります。中小企業のものづくり企業にとってはコストを抑えて製品が開発できるというメリットがあります。

特集2

海外進出で技術を守る特許についてです。外国特許出願補助金制度の活用や外国特許出願サポートサービスについて取り上げています。

特集3

ものづくり企業に役立つサービスとして、ビジネスマッチングサービスの紹介、3Dプリンタの紹介、クラウドファンディングのサービスの紹介等といった自社開発生産において有益な情報を掲載しています。

主要刊行メンバーは弁理士7人

「発明plus(旧:開発NEXT)」を刊行している主なメンバーは、弁理士7人です。特許業界では特許出願が減少する傾向にあり自分たちの仕事は脅かされています。そうした中で特許やものづくりの有益な情報を提供することでものづくりを盛り上げていこうと考えてフリーペーパーの創刊に至っています。
また、開放特許という新しい特許の使い方を提案していくことで、今後の弁理士の新しい未来像が作れるのではないかと考えています。

TimeFactory代表の富澤 正は「社長、その商品名、危なすぎます!」(日本経済新聞出版社)、「理系のための特許法・実用新案法」(中央経済社)等の著者でもあり、中部経済新聞では「みんなの特許」のコラムを連載しています。

媒体概要

名称
発明plus(旧:開発NEXT) 第2号
仕様
A4変形版/オールカラー
定価
無料(フリーペーパー)
発売日
2016年11月9日(年2回発行)
配布エリア
全国のものづくり中小企業に送付、ものづくりを応援している金融業者、保険業者等の協力のもと企業に直接配布、ものづくり拠点等 開放特許に力を入れている自治体に協力してもらい設置
対象読者
ものづくり企業の経営者・開発者
Webサイト
https://hatsumei-plus.jp/

会社概要

商号
特許業務法人コスモス特許事務所
代表者
所長 富澤 孝
所在地
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-22 名古屋センタービル別館2階
設立
1991年4月
事業内容
国内・国外特許出願、国内・国外商標登録出願、知財コンサルタント
Webサイト
http://www.cosmos-patent.com/
商号
TimeFactory株式会社
代表者
代表取締役 富澤 正
所在地
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-2-22 名古屋センタービル別館2階
設立
2012年4月
事業内容
情報誌の発行、知財ビジネスマッチング
Webサイト
https://hatsumei-plus.jp/