新ものづくり新サービス展 東京

「中小企業 新ものづくり・新サービス展」東京会場にてフリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」を配布します。

2016年11月30日~12月2日「中小企業 新ものづくり・新サービス展」にて、三井生命保険株式会社様のブースにてフリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」の第2号を配布します。三井生命保険株式会社様は、フリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」発行の協賛企業です。

中小企業 新ものづくり・新サービス展は、今年度のものづくり補助金を受けた企業の成果発表の場所として、多くのものづくり中小企業が集合するイベントです。
これからものづくり補助金の利用を考えている方や、新しい技術を探している方にも有益なイベントです。

私は11月14日~11月16日まで大阪会場に参加させていただきました。そちらでも多くのものづくり中小企業と知り合い、また、新しい技術にも触れることができて、有意義な機会でした。

大阪会場では、

  • ものづくり補助金を受ける時期まで特許出願に全く興味がなかった企業が初めて特許出願をした例
  • 特許出願をすることで新規の技術を守りながら補助金申請をするための技術開示をしている例

といった特許出願や知的財産に初めて取り組んだ企業の話を聞くことができました。

東京会場でもさまざまな企業へのインタビューを通じて知的財産権に関する情報を集めてきたいと思います。
これからも、多くの企業の知的財産に関する取り組みをフリーペーパー発明plus(旧:開発NEXT)発明plus Webサイトとで取り上げていきますのでご期待ください。

東京会場へお越しの際は、まずはぜひ、フリーペーパー「発明plus(旧:開発NEXT)」を手に取ってみてください。

富澤 正

弁理士。当サイト『発明plus(旧:開発NEXT)』および同タイトルのフリーペーパーの編集主幹。
■経歴
知財コンサルタント。コスモス特許事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。
1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。
特許業務の傍ら、知的財産の執筆活動・講演活動などを行う。自身の知的財産権を活かしてアイデア商品を作るベンチャー企業Time Factory株式会社を設立し、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。
■専門分野
知財ビジネスマッチング、開放特許活用戦略、知財を活かしたビジネスモデル作り
■著書
『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)
『理系のための特許法・実用新案法』(中央経済社)
『理系のための意匠法』(中央経済社)
『理系のための商標法』(中央経済社)
■連載
『日経産業新聞』にて連載 (2017.5.12~20217.5.20)
『中部経済新聞』「みんなの特許」を毎週月曜日に連載中 (2014.4~現在)『サンケイビジネスアイ』「講師のホンネ」にて月1コラム連載 (2013.5~2014.1)
『日刊信用情報』にて「知財コンサルタント富澤正の「知的財産権を極める」」を週1コラム連載 (2013.9~2014.8)