発明plusで展開する取り組みを交えて富澤正弁理士の執筆した開放特許・流通特許に関する記事が、日本弁理士会の会誌「Patent」2018.2号に掲載されました。

「Patent」2018.2号の特集は「特許流通」です。
日本弁理士会から開放特許を使った特許流通を愛知県で展開している発明plusの代表である富澤正弁理士に原稿の作成依頼があったものです。

掲載タイトルは「地方特許事務所の知的財産権の活用・流通への挑戦」です。