知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士・特許事務所に関する質問

弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士に初めて出願を依頼をしようと思います。実際に依頼する際の手順・方法などは何かあるのでしょうか?

弁理士の依頼は、特許事務所に直接行います。

ただし、特許事務所に依頼をいきなりすることはまずありません。お客様がご依頼しようとしているアイデアが特許出願しても全く登録できる可能性がないことがあるためです。

例えば、アイデアが空想的なものや実現が不可能なものは特許出願をしても登録ができないため特許事務所では、絶対に登録が不可能なものを特許出願を進めることはありません。

そのため、初めに特許事務所で相談を行って、特許出願が可能かどうかを判断してから特許出願をすることになります。したがって、弁理士に依頼する場合は、相談をしてから出願の依頼をするというのが通常の流れです。

ただし、弁理士が相談に乗ってくれて特許が取れる可能性があると言われたとしても、弁理士や特許事務所が絶対特許登録が取れることは保証できないので注意が必要です。特許業務を数多く行っている弁理士であってもその分野の先行事例を全て知っていることはありません。そのため、特許登録ができるかは絶対というのはありません。

そもそも特許事務所や弁理士は、税理士や弁護士と比べて資格者の人数が少ない業種であるため、直接弁理士を知っていて依頼をすることは少ないのが現状です。弁理士を知っている他の士業(弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士など)に聞いて弁理士を探すということが多いようです。

インターネットを使って探すということもありますが、知的財産権という重要なアイデアを守るものですので信頼ができる専門の弁理士に頼むのが最も後悔しない方法です。

回答日:2016年6月24日

無料相談

最新記事

ライセンス料の会計処理と税務上のポイント

ライセンス利用料のキャッシュフローの考え方の復習 先日はライセンス利用料のキャッシュフローの考え方を紹介しまし…続きを読む

実用新案を調べる方法は?

どのようなものが実用新案として登録されているか知りたいのですが、調べる方法はありますか?

Q&A
マドプロとは何ですか?

商標の相談の中で「マドプロ」というワードが出てきました。 言葉から意味をまったく想像できないのですが、どのよう…続きを読む

Q&A
特許印紙と間違えて収入印紙を貼ってしまいました。

特許庁への提出書類に特許印紙を貼るところを、間違えて収入印紙を貼ってしまいました。 特許印紙は貼り直すとして、…続きを読む

Q&A
回路配置利用権とはなんですか?

知的財産権には「回路配置利用権利」なるものがあると聞きました。 それはどのような権利なのですか?誰でも取得でき…続きを読む

Q&A