知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士・特許事務所に関する質問

弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士に初めて出願を依頼をしようと思います。実際に依頼する際の手順・方法などは何かあるのでしょうか?

弁理士の依頼は、特許事務所に直接行います。

ただし、特許事務所に依頼をいきなりすることはまずありません。お客様がご依頼しようとしているアイデアが特許出願しても全く登録できる可能性がないことがあるためです。

例えば、アイデアが空想的なものや実現が不可能なものは特許出願をしても登録ができないため特許事務所では、絶対に登録が不可能なものを特許出願を進めることはありません。

そのため、初めに特許事務所で相談を行って、特許出願が可能かどうかを判断してから特許出願をすることになります。したがって、弁理士に依頼する場合は、相談をしてから出願の依頼をするというのが通常の流れです。

ただし、弁理士が相談に乗ってくれて特許が取れる可能性があると言われたとしても、弁理士や特許事務所が絶対特許登録が取れることは保証できないので注意が必要です。特許業務を数多く行っている弁理士であってもその分野の先行事例を全て知っていることはありません。そのため、特許登録ができるかは絶対というのはありません。

そもそも特許事務所や弁理士は、税理士や弁護士と比べて資格者の人数が少ない業種であるため、直接弁理士を知っていて依頼をすることは少ないのが現状です。弁理士を知っている他の士業(弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士など)に聞いて弁理士を探すということが多いようです。

インターネットを使って探すということもありますが、知的財産権という重要なアイデアを守るものですので信頼ができる専門の弁理士に頼むのが最も後悔しない方法です。

回答日:2016年6月24日

無料相談

最新記事

特許を秘密にすることはできないのでしょうか?

技術をあまり知られたくないのですが、特許には秘密意匠のような制度はないのでしょうか?

Q&A
欧州特許庁はどこにある

欧州特許庁への特許出願 EU(ヨーロッパ連合)の各国に特許出願する際に、欧州特許庁(EPO)に欧州特許出願をす…続きを読む

ファストトラック審査とは何ですか?
Q&A
外国の商標を検索する方法は?

外国での商標登録の状況を知りたいのですが、どこで調べられますか?

Q&A
ニッチな商品で活用する知的財産権

大量製造の時代は終焉 現代は大ロット生産・大量販売の時代ではなくなり、小ロット生産・少量販売の時代になったと言…続きを読む