知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士・特許事務所に関する質問

弁理士への依頼・相談方法は?

弁理士に初めて出願を依頼をしようと思います。実際に依頼する際の手順・方法などは何かあるのでしょうか?

弁理士の依頼は、特許事務所に直接行います。

ただし、特許事務所に依頼をいきなりすることはまずありません。お客様がご依頼しようとしているアイデアが特許出願しても全く登録できる可能性がないことがあるためです。

例えば、アイデアが空想的なものや実現が不可能なものは特許出願をしても登録ができないため特許事務所では、絶対に登録が不可能なものを特許出願を進めることはありません。

そのため、初めに特許事務所で相談を行って、特許出願が可能かどうかを判断してから特許出願をすることになります。したがって、弁理士に依頼する場合は、相談をしてから出願の依頼をするというのが通常の流れです。

ただし、弁理士が相談に乗ってくれて特許が取れる可能性があると言われたとしても、弁理士や特許事務所が絶対特許登録が取れることは保証できないので注意が必要です。特許業務を数多く行っている弁理士であってもその分野の先行事例を全て知っていることはありません。そのため、特許登録ができるかは絶対というのはありません。

そもそも特許事務所や弁理士は、税理士や弁護士と比べて資格者の人数が少ない業種であるため、直接弁理士を知っていて依頼をすることは少ないのが現状です。弁理士を知っている他の士業(弁護士、税理士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、司法書士など)に聞いて弁理士を探すということが多いようです。

インターネットを使って探すということもありますが、知的財産権という重要なアイデアを守るものですので信頼ができる専門の弁理士に頼むのが最も後悔しない方法です。

回答日:2016年6月24日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A