知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
弁理士の守秘義務とはどのようなものですか?

弁理士・特許事務所に関する質問

弁理士の守秘義務とはどのようなものですか?

苦労して考えた発明を他人(弁理士でさえ)に話すのは抵抗があります。弁理士には守秘義務があるのでしょうが、それはどのようなものなのでしょうか。

弁理士には法律で守秘義務が課せられています。

弁理士について定める弁理士法には、秘密を守る義務が規定されており(法30条)、その規定に違反した場合の罰則についても規定されております(法80条1項)。

---- 弁理士法第30条『弁理士又は弁理士であった者は、正当な理由がなく、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。』

---- 弁理士法第80条1項『第十六条の五第一項、第三十条又は第七十七条の規定に違反した者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。』

そのため、弁理士や特許事務所が相談された案件および依頼された案件についての秘密を外部に漏えいすることはありません。

また、クライアントの要望に応じて、個別に守秘義務契約(秘密保持契約)を締結することも当然あります。
一度、弁理士に相談してみてください。

回答日:2016年8月4日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A