知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
引っ越しましたが、住所変更を特許事務所に伝えるタイミングは?

弁理士・特許事務所に関する質問

引っ越しましたが、住所変更を特許事務所に伝えるタイミングは?

事業所を引っ越しました。
いつもお願いする特許事務所にも新しい住所を連絡するつもりですが、次に出願の依頼をするときでもよいのでしょうか?

新住所は、なるべく早く特許事務所にお知らせください。

特許事務所に出願を依頼した場合、願書の代理人の欄に、特許事務所の名称等を記載します。この場合、その出願に関する特許庁からの通知(拒絶理由通知書など)は、出願人ではなく代理人(特許事務所)に送られてきます。特許事務所では、それらの書類を出願人(依頼主)に転送します。

今回のご質問のように、出願人の正しい住所を特許事務所で把握できていない場合、特許庁から受け取った書類を円滑に転送することができません。例えば、拒絶理由通知書は、拒絶理由通知が発送されてから所定期間内に応答しなければならず、書類のお届けに時間がかかると、拒絶理由の内容の確認や対応の検討時間が短くなってしまいます。知的財産制度に関する手続には期限が定められたものが多くありますので、スムーズな連絡は重要です。

依頼主と特許事務所とが協力して円滑に手続きを進められるよう、住所変更した場合には、なるべく早く特許事務所に新住所をお伝え下さい。
なお、住所変更時には、特許庁にも住所変更手続きを行うことをお勧めします。

回答日:

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A