知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
文系の弁理士は?

弁理士・特許事務所に関する質問

文系の弁理士は?

弁理士というと技術に詳しい理系というイメージですが、文系出身でも弁理士になれますか?

文系出身で活躍される弁理士も大勢いらっしゃいます。

弁理士試験の受験生約80%は理系の出身者です。
弁理士の仕事の大半を占める特許が、発明という技術的な分野の内容であるため、理系出身者が多くなります。理系学部卒業後に企業などで技術職や知財職を経験された後に弁理士となられるケースも多いです。
しかしながら、文系の出身者の方でも商標意匠の分野で、または、技術的知識を習得されて特許や実用新案の分野で活躍される方も、もちろんいらっしゃいます。
当初は出身学部で基礎知識の差はあるかもしれませんが、様々なクライアントの技術やアイデアを理解して対応していく上で新しい知識を得ていかなくてはならない点は、理系出身でも文系出身でも変わらないように思われます。
 
また、弁理士になるための弁理士試験は、論文式筆記試験の選択問題を除けば技術的な内容を問われる試験ではなく、主に法律や制度の理解を問う試験ですので、この試験のハードルは理系・文系で差のでるものではありません。

回答日:

無料相談

最新記事

セミナーレポート: 新製品開発に役立つ開放特許の…

2018年9月5日(水)に愛知県豊田市で開催された「知財ビジネスマッチングセミナー」の様子をレポートします。 …続きを読む

AI活用に積極的な特許庁と法務業界

特許庁から「平成30年度機械学習を活用した特許動向分析の実行可能性調査についての一般競争入札公告」のアナウンス…続きを読む

商標登録、商品やサービスとの関係

商標とは、商品やサービスに標章(名称やロゴなど)が用いられて初めて完成する取引上の「目印」のことです。 つまり…続きを読む

ゲームのアイデアはどのように保護されますか?

スマホゲームを開発してリリースする予定です。 このゲームのアイデアについて権利で守ることはできるのでしょうか?

Q&A
商標制度の変遷 - 新しいタイプの商標

商標制度は進歩しています。 立体的な商標が新しく認められ、最近では更に多くの形態の商標が登録できるようになって…続きを読む