知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

建物のデザインは意匠登録できますか?

オシャレなデザインの建物が最近は増えているように感じますが、このようなデザインは意匠登録することができるのでし…続きを読む

Q&A
パロディー商品を販売しても大丈夫でしょうか?

ある商品の名前をモジった面白いアイデアを思いつきました。 これを商品化して販売すると問題になるのでしょうか?

Q&A
改正著作権法 - 2018年12月30日施行分に…

2018年12月30日から4回に分けて改正著作権法が施行されるため、皆様に密接に関わりがあると考えられる改正箇…続きを読む

中国で勝手に登録された商標への対抗策は?

中国への進出を考えていますが、日本で使っている商標が中国で他人に登録されていることがわかりました。 日本と同じ…続きを読む

Q&A
実用新案の出願も特許事務所に頼めますか?

実用新案の手続も特許のように特許事務所にお願いすればよいのでしょうか?

Q&A