知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

特許の有効期限をおしえてください

「特許切れ」などとニュースでよく書かれますが、特許の有効期限はどのくらいなのでしょう?

Q&A
著作物で AI 開発。改正著作権法が成立

第196回通常国会で改正著作権法が成立しました。 今回の改正では著作物の教育利用の拡大や、著作権の例外的利用の…続きを読む

クラウドファンディングでは知的財産権をどう守る?

震災をきっかけに広がった支援の流れ クラウドファンディングは、企画したプロジェクトをウェブ上に掲載し、不特定多…続きを読む

弁理士の転職。企業から特許事務所に転職して思うこ…

はじめまして。コスモス特許事務所の弁理士の安田です。 さて、今年もいよいよ弁理士試験の受験シーズンに突入します…続きを読む

ジャンプ50周年コラボのミニファミコン発売!!の…

少年ジャンプとコラボした特別なファミコン 任天堂の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」(1983年発売)を…続きを読む