知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

商標はどのくらい似ていると訴えることができますか…

登録した商標と同じではありませんが、そっくりなものを使っている人がいます。 どの程度似ていれば訴えることができ…続きを読む

Q&A
商標権はいくらくらいで買い取れるものでしょうか?

新しく使おうと思っていた商標に既に他人の商標権があることがわかりました。 その商標権を買い取りたいと思うのです…続きを読む

Q&A
変化のIT業界。マイクロソフトが特許を開放してコ…

言わずと知れたIT界の大手企業、マイクロソフト。Windows や Office で毎日お世話になっています。…続きを読む

PC上のソフトウェアのイメージ
拒絶査定を受けましたがその商標は継続して使っても…

商標登録をしようと思って出願したものの、拒絶査定を受けてしまいました。商標登録は諦めますがこの商標をそのまま使…続きを読む

Q&A
特許終了後は商品を商標登録で守る

マジックテープの特許 面と面を重ね合わせるだけで様々なものを留めることのできる面ファスナーは、1949年にスイ…続きを読む