知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む

知的財産とセキュリティリスク

知的財産の管理はセキュリティとも密接な関りがあります。例えば、出願前に公に知られた発明は新規性を失ったものとし…続きを読む