知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

商標権を取得する意味・価値・機能

商標権を取得することによって、どんな利点があるのか —- 商標には自他商品識別・出所表示・品質保証…続きを読む

特許権はいつ消滅しますか?

特許の有効期限はどのくらいでしょうか?

Q&A
燃える!甲子園にまつわる商標たち

今年も全国高校野球選手権のシーズンがやってまいりました。 今年は第100回の大会ということで、盛り上がりも一層…続きを読む

商標とは - キリンビールを例に

どんなものが商標となり、どんな場合には商標権を侵害したと認められるのでしょうか。 世の中には、たくさんの商品が…続きを読む

著作権があれば意匠権は不要?

オシャレな家具をデザインしました。 デザインは著作権で保護されると聞いたのですが、わざわざ意匠権も取得する意味…続きを読む

Q&A