知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願について値引き交渉のポイントはありますか?

特許出願をなるべく安くしたいです。特許事務所と値引き交渉することはできますか?

作業量を減らすように考えると料金を抑えられることがあります。

特許出願の依頼では、作業量をベースに料金を定めていることが一般的です。従って、作業量が減るように調整することで料金(費用)を当初より抑えられる可能性があります。

例えば、発明者(依頼者)から特許事務所への発明の説明が十分であれば、その分、発明を考察する作業時間を減らせますので、料金についての交渉の余地があるかもしれません。従来品の概要や問題点、具体的にどうやって解決したか、発明の分かる図面などを伝えられると、特許事務所では正確迅速に発明を把握できます。

そのほかにも、特許事務所での作業を減らせられればその分の料金を考慮してもらえるかもしれません。具体的な作業について特許事務所とお話されるとよいでしょう。

回答日:

無料相談

最新記事

商標相談のチャットボットが登場

J-PlatPatの運営などを運営する独立行政法人 工業所有権情報・研修館、通称 INPIT(インピット)。こ…続きを読む

どの国に特許出願するべき?

海外での商品販売を考えています。 海外でも特許権を取得しておきたいと考えていますが、どの国に出願しておけばよい…続きを読む

Q&A
ばんそうこうを何て呼ぶ?

ケガをしたときに貼る「ばんそうこう」。漢字で書くと「絆創膏」です。 この「ばんそうこう」ですが、地域や家庭によ…続きを読む

特許の使用料を高いとみるか安いとみるか

特許の使用料の考え方 特許の使用料収入で発明家がお金持ちになったという夢のある話を聞くことがあります。特許の使…続きを読む

模倣品輸入への対策は?

当社の商品をパクった模倣品が輸入され、国内で販売されているようです。 困っているのですが 何か手立てはありませ…続きを読む

Q&A