知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許事務所を選ぶときにはどのような点を気を付けますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許事務所を選ぶときにはどのような点を気を付けますか?

よい特許事務所を選ぶポイントなど、あるのでしょうか?

専門分野のマッチと同じくらい、相性や誠実さにも気を付けます。

特許出願から登録までには早くても2~3年、一般的には5年程度の時間がかかります。また、特許権が登録された後にも、権利の維持管理が必要です。
つまり、特許出願を依頼する場合、その特許事務所とは、特許権の存続する約20年もの間お付き合いをすることが前提となります。

出願手続や権利の維持の中で意にそぐわない点があって担当者や特許事務所を変えることもありますが、できればそのようなことはしたくありません。発明の内容を説明したり、余計な手間がかかるからです。

そうならないためにも相性誠実さといった点をみてみるとよいでしょう。
特許取得というと技術的な専門性や、特許業務の実績で依頼先を選ぶという側面も当然ありますが、長いお付き合いを考えれば、自身に合った対応をしてもらえるのかも当然重要になってきます。

分かりやすい言葉で説明をしてくれるか、こちらの意図を汲んでくれるか、有意義なアドバイスをもらえるのかなど、丁寧な対応ができるのかを例えば最初の相談の際などに見てみてください。

回答日:2018年4月8日

無料相談

最新記事

同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A
エネルギア(中国電力)グループの知的財産報告書で…

中国電力が発行する「エネルギアグループ知的財産報告書」にて、発明プラスによる知財ビジネスマッチング活動が紹介さ…続きを読む

知的財産とセキュリティリスク

知的財産の管理はセキュリティとも密接な関りがあります。例えば、出願前に公に知られた発明は新規性を失ったものとし…続きを読む