知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許出願を自分ですることはできますか?

弁理士・特許事務所に関する質問

特許出願を自分ですることはできますか?

特許出願をするには特許事務所や弁理士にお願いしなければできないのでしょうか。

ご自身で書類を作成して、ご自身で手続をすることもできます。

特許事務所や弁理士が行うのはあくまで手続の代理という扱いですので、当然、出願する本人が自ら書類を作成し、その書類を特許庁に提出することでご自身で特許出願をすることができます

特許出願に関する手続は権利の取得・権利の維持まで考えると複雑な面もあり、出願書類自体も様式や内容に注意すべきポイントがいくつもあります。
このような背景から特許事務所などの専門家に依頼されることをお勧めしてはいますが、自らある程度は知的財産制度に通じている方にはご自身で手続をしたいという方もいらっしゃるでしょう。

このことは家を建てることにも似ています。 
土地と材料があれば、ご自身で家を設計し、ご自身で家を建てることができます。世の中には現実にそうして建てた家に住まわれている方もいます。
一方で、使い勝手のよい家を確実に完成させ、さらに耐久性や維持費など先のことまで考えるのであれば、大工さんなどのプロに依頼する方が多くの場合は有利です。

制度上はご自身で特許出願はできますが、家と同様に特許出願や特許権にも権利範囲や拒絶・無効のリスクなどのポイントで善し悪しがありますので、このような点まで踏まえて、ご判断いただければと思います。

 

回答日:2018年3月23日

無料相談

最新記事

トヨタのHV特許開放とその意義

少し前の話ですが、トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)の関連技術について、約23,740件もの特許を他社へ無償…続きを読む

商号と商標の違いは?
Q&A
同じ「桜」という曲名の存在は問題にならないのか

日本で二番目に多い曲名 今年の春は寒暖の繰り返しで桜も見逃がしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。こ…続きを読む

著作権法改正 - 2019年7月1日施行分につい…

3回にわたり紹介してきた近時の著作権改正ですが、今回の2019年7月1日に施行分の説明で一通りとなります。 7…続きを読む

差止請求権とはどのような権利ですか?
Q&A