知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
弁理士ごとに得意分野があるの?

弁理士・特許事務所に関する質問

弁理士ごとに得意分野があるの?

弁理士にはそれぞれ専門分野があり、それが得意分野であるといえるでしょう。

弁理士の専門分野は、機械分野、電気分野、化学分野等のように大学の専門課程で学んだ領域や、これまで就いた職種や、それまで特許出願を行ってきた分野などにより分かれます。

出願依頼した対象が、専門分野のスペシャリストでない弁理士にあたってしまうと、広い特許が取れなくなる可能性があります。専門分野ではないため、内容を深く理解できないがゆえに表面的な薄い権利になってしまう可能性があるからです。

また、専門分野でない場合には、様々な文献を数多く調べることになり特許出願までの日数がかかることになる場合があり、出願が遅れてしまう恐れがあります。

以上のことから、出願依頼をする弁理士の専門分野をあらかじめ調べておくことをお勧めします。

回答日:2016年6月1日

無料相談

最新記事

破産した会社の商標を買い取りたい

破産した会社の商標を買い取りたいというご相談が増えています。商標権をはじめとする知的財産権も売買可能な財産です…続きを読む

商標の商品や役務は上位概念を指定すれば大丈夫?

ソフトウェアの開発・販売をおこなう当社は、商標登録出願にあたっては第9類の「電子計算機用プログラム」が商品とし…続きを読む

Q&A
成果発表会「平成30年度 開放特許活用による製品…

2019年2月21日、ものづくり創造拠点SENTAN セミナールーム(愛知県豊田市)にて平成30年度 開放特許…続きを読む

特許庁がクレジットカード決済に対応

特許出願や特許登録には所定の料金・手数料がかかります。この料金は特許庁へ納付します。とはいえ、現金を特許庁へ直…続きを読む

アメリカでも特許出願が必要ですか?

アメリカでの事業を考えています。 日本では既に特許出願を進めていますが、アメリカでもわざわざ特許取得の手続をし…続きを読む

Q&A