知的財産Q&A
Intellectual Property Q&A
特許の審査請求の費用は?

費用に関する質問

特許の審査請求の費用は?

出願した特許の審査請求を考えていますが、費用はどのくらいでしょうか?

特許請求の範囲に記載された請求項の数によって異なりますが、15万円程度のケースが多いようです。

まず、出願した発明について特許権を取得するためには、特許庁の審査を受ける必要があります。
特許庁での審査は、審査請求という手続を行うことで開始されます。
なお、特許の審査請求は、出願日より3年以内に行わなければなりません。

特許庁に納付する料金

そして、特許の審査請求を行うためには、その手続書類(出願審査請求書)とともに、所定の料金を特許庁に納付する必要があります。
特許庁に納付する料金は、基本料金118,000円に、特許請求の範囲に記載した請求項の数に応じて加算される請求項加算料金4,000円を加えた金額です。
このため、特許庁に納付する料金は、例えば、請求項の数が最も少ない「1」である場合には、122,000円(118,000円+4,000円×1)となります。
一般的に多いとされる請求項の数が「5」の特許出願の場合、138,000円(118,000円+4,000円×5)となります。

弁理士・特許事務所への依頼にかかる料金

また、特許の審査請求に必要な書類の作成や手続を弁理士(特許事務所)に依頼することが一般的です。(但し、ご自身で手続きを行うことも可能です。)
書類の作成や手続を弁理士に依頼する場合、弁理士に対しても代理人手数料を支払う必要があります。
この代理人手数料は、弁理士によって異なりますので、依頼を予定している弁理士にご確認ください。一般的には、10,000円程度であることが多いようです。

まとめ

以上を踏まえると、請求項の数が平均的な「5」である特許出願については、特許庁へ納付する138,000円と、弁理士(特許事務所)に支払う10,000円とを合わせて、審査請求にかかる費用が150,000円程度となります。

なお、一定の条件(例:個人や中小企業等)を満たす場合には、所定の手続によって、審査請求時に特許庁に納付する料金が軽減または免除される減免措置を受けられることがあります。
詳しくは特許庁等のWebサイトをご確認ください。

回答日:2016年10月4日

無料相談

最新記事

拒絶理由通知の応答期間が過ぎてしまいましたが、も…

商標登録出願について、拒絶理由通知が届きました。 どう反論しようか考えているうちに指定された応答期間が過ぎてし…続きを読む

Q&A
ニセモノはどこで作られていますか?

たまに話題になる偽ブランド品はどこで作られることが多いのでしょうか?

Q&A
関心・簡単で作れる知財を活用した製品

製品作りのパターン 新たに製品を作ろうとしたとき、パターン(型)が決まっていると進めやすいです。 知的財産(開…続きを読む

実用新案登録にはどのくらい時間がかかりますか?

実用新案登録を検討していますが、どの程度の期間が必要でしょうか?

Q&A
商標を安心して使うためにすること

商品やサービスの「ブランド」を確立するための「商標」。その商標を安心して使うことについて考えてみましょう。 出…続きを読む